トヨタ「イプサム」お化粧直し

2003.10.03 自動車ニュース

トヨタ「イプサム」お化粧直し

トヨタ自動車は、3列シートのミニバン「イプサム」をマイナーチェンジし、2003年10月2日に発売した。

内外装の変更が主な内容。機関面に手は入っていない。
インテリアでは、センターメーター、ステアリングホイール、ヒーターコントロールパネルなどを新意匠化。内装色も一新され、質感、高級感を向上させたという。
エクステリアでは、スラントを強めたフードパネルや、異形4灯式のディスチャージヘッドランプ、新デザインのフロントグリル、サイドマッドガードなどが採用された。

装備面では、トヨタが推進する情報ネットワークサービス「G-BOOK」対応のDVDボイスナビゲーション、DVDプレーヤー、7スピーカー、後席9型液晶ディスプレイなどを組み合わせた「イプサム・シアターシステム」や、ブラインドモニターなどを新設定した。

中間グレード「240s」には、専用フロントグリルと大型フロントバンパーを付与。さらにローダウンサスペンションと17インチタイヤ&ホイール、ダークグレーの内装などで、スポーティ感を高めた。

ボディカラーは新色6色を含む全7色(240sは5色)。駆動方式はFFと4WD、トランスミッションは4段オートマチックのみだ。価格は215.0万円から288.0万円までで、従来モデルより2.0万円から5.0万円安くなった。なお、廉価グレード「240e」は廃止された。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「イプサム」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Ipsum/

 
トヨタ「イプサム」お化粧直しの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る