アウディ「オールロードクワトロ」に4.2リッターエンジン追加

2003.10.03 自動車ニュース

アウディ「オールロードクワトロ」に4.2リッターエンジン追加

アウディジャパンは、「A6アバント」ベースのSUV風4WDワゴン「オールロードクワトロ」に、300psを発する4.2リッターエンジンを搭載したトップグレード「4.2」を追加設定、2003年10月1日に発売した。

2001年2月に日本への導入が始まった「オールロードクワトロ」。2.7リッターV6ツインターボの「2.7T」(699.0万円)と、その後追加された、豪華装備省略の廉価版「2.7T SV」(599.0万円)のラインナップに、トップグレードとして「4.2」が加わった。

パワーユニットの4.2リッターV8 DOHCエンジンは、スポーツセダン「S4」に積まれるものとは違う専用設計のもの。コンパートメント長を37mm短くしたほか、各パーツが最適化されたという。最高出力300ps/6200rpm、最大トルクは38.8kgm/2700-4600rpmで、2.7リッターユニットと較べ、50psパワフルで3.1kgmトルクが太い。
トランスミッションは、2.7リッターモデル同様の5段ティプトロニックAT。もちろん4WDである。

外観では、特徴のひとつであったオフブラックのバンパー類がボディ同色になったのがポイント。245/45R18サイズの大径タイヤに9本スポークのアルミホイールを組み合わせる。装備面では、他グレードではオプションとなる、レカロスポーツシートやBOSEサウンドシステムが標準で備わる。

右ハンドルのみで、価格は820.0万円。「2.7T」より121.0万円高い。

(webCG 本諏訪)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ「オールロードクワトロ」に4.2リッターエンジン追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6オールロードクワトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る