サーブ「9-3カブリオレ」発表

2003.10.02 自動車ニュース

サーブ「9-3カブリオレ」発表

日本ゼネラルモーターズは、サーブの新型4座オープン「9-3カブリオレ」を、2003年9月30日に発表した。11月8日にスポーティグレード「エアロ」を発売、12月初旬にはベーシックな「リニア」をリリースする。

■プレミアム・オープントップ・カー

サーブの中核モデル「9-3」は、2002年のフルモデルチェンジで、それまでのハッチバックから4ドアセダンとなって登場。わが国では2003年1月から販売が開始された。
セダンから遅れること約9ヶ月、並行して開発されたというセダンベースの4シーターオープン、サーブいうところの「プレミアム・オープントップ・カー」である「9-3カブリオレ」が発表された。

ラインナップは、2リッター低圧ターボエンジン(175ps/27.0kgm)を搭載する「リニア」と、2リッターターボ(209ps/30.6kgm)の「エアロ」の2車種。トランスミッションは、マニュアルモードを持つ「サーブセントロニック」5段オートマチックを採用した。エアロでは、ステアリングに備わるシフトボタンでも変速できる。

サスペンションはセダン同様、フロントがマクファーソンストラット、リアが4リンクの独立懸架。コーナリング時にステアリングと反対の舵角をリアホイールに与え、アンダーステア解消を図る「サーブReAxs」が備わるのもセダンと同じだ。さらに、自動的にブレーキ圧を高める「MBA(メカニカルブレーキアシスト)」に加え、セダンに備わる各種電子デバイスもすべて取り入れられた。また今回エアロには、セダンより幅広の225/45R17サイズのタイヤが奢られ、より高いハンドリング性能が期待される。

オープン化による剛性補足は、第2の補助的シャシーと呼ばれる「ツインシャシー」や、車両重量の60%を占めるという高張力鋼板、強化されたAピラーやフロントウィンドウ上部の構造などにより行われ、ねじれ剛性は先代比の3倍アップ。もちろん衝突時の安全性能向上にも寄与している。

■20秒でオープン

3層構造のソフトトップは、自動で開閉し、動作を約20秒で完了することができる。さらに走行中でも30km/h以下であれば開閉可能。ソフトトップを閉めたクローズド状態で、トランク内収納ケースが自動的に畳まれ、容量が拡大される機能「カーゴ・セット」を持つのが特徴だ。

オープンボディとなり、安全装備も強化された。
前席には、衝撃の規模など状況に応じて膨張力が調整される「デュアルステージ・フロントエアバッグ」を採用。横転事故時にポップアップするリアロールバーを含む「ダイナケージ・ロールオーバー・プロテクションシステム」や、衝突時の首の負担を軽減する「サーブ・アクティブヘッドレスト」も備わる。その結果、欧州衝突安全試験「ユーロNCAP」で最高評価の5つ星を獲得、セダンと同レベルの基準を満たすことができたという。

装備面では、7スピーカー(エアロは13スピーカー)の6連奏CDチェンジャーや、後方確認用のパーキングアシスト、盗難防止アラーム&イモビライザー、ソフトトップ解放時にマニュアルに切り替わるオートエアコン、前席シートヒーターなどの快適装備を標準搭載する。

価格は、「リニア」が515.0万円、「エアロ」が570.0万円。同エンジンを積むセダンモデルより、それぞれ100.0万円高い設定だ。左右のハンドル位置が選べるが、左ハンドルは受注生産となる。

(webCG 本諏訪)

サーブ:
http://www.saab.co.jp/

webCGリンク
サーブ9-3カブリオレ エアロ2.0T(5AT)【海外試乗記】:
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013957.html

 
サーブ「9-3カブリオレ」発表の画像

関連キーワード:
9-3カブリオレサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-3 カブリオレ エアロ(5AT)【試乗記】 2004.12.9 試乗記 サーブ9-3 カブリオレ エアロ(5AT)
    ……570万円

    バブル時代に一世を風靡した「900」以来、サーブのオープンモデルは独特な魅力を持ち続けている。その伝統を受け継ぐ「9-3カブリオレ」に、『SUPER CG』編集長の伊東和彦が乗った。


  • サーブ 9-3 2.0tカブリオレ(4AT)【ブリーフテスト】 2002.2.8 試乗記 ……495.0万円
    総合評価……★★★★




  • サーブ、「9-3カブリオレ」の特別限定車発売 2011.3.29 自動車ニュース サーブは、「9-3カブリオレ」の限定車「9-3カブリオレ インディペンデンス エディション」を、2011年4月以降に発売すると発表した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 重厚で濃密、サーブ9-5グリフィンの乗り味 1999.3.5 自動車ニュース サーブ9-5シリーズに新たに追加された「グリフィン3.0t」に試乗した。3リッターV6ターボエンジンを搭載した最高級グレードだ。1999年モデルから追加された「サーブ9-5グリフィン3.0t」は、「9-5」シリーズの最高級グレードで、3リッターV6DOHC低圧ターボユニットを搭載している。このエンジンは、ひとつのターボチャージャーをV6ユニットの前バンクだけに設けて作動させ、6つのシリンダーすべてに加給するという、世界初の「非対称ターボ」ユニットを採用している。最高出力は200ps/5000rpm、最大トルクは31.6kgm/2500rpmだ。独特の北欧モダンデザインで統一されたその室内は「グリフィン3.0t」においては良質な本革シートやウッドパネルが与えられて、重厚な雰囲気をかもし出している。車内には本革の香りが濃密にこもっている。日本に輸入される車は右ハンドル仕様のみだが、ペダルのレイアウトや運転ポジション、ブレーキのタッチに違和感はなく、自然に運転できる。ユニークな形状のシートは大ぶりでかけ心地がいい。「グリフィン3.0t」には、座面と背面の中に電動ファンが仕込まれていて、背中と太腿の湿気を取り除くという「ベンチレーテッドシート」が採用されている。今回は短時間の試乗だったので、その効果のほどはあまり実感できなかったけれど、筆者は汗かきなので、こういう装備はあるとうれしい。走り出してみても「グリフィン3.0t」は重厚な感じである。乗り心地はどっしりしていて、そのパワーにふさわしく足まわりは固めだ。しかし前席、後席とも不快な突き上げはない。とくに後席はレッグスペースも、頭の上も、体のわきも空間がゆったりしていて、とても快適だ。ただ、個人的には「2.3t」の柔らかくしなやかな乗り心地の方が、より好ましく思えた。V6ターボエンジンはごく低い回転域から十分以上なトルクを発生させるので、たいへん乗りやすい。高速道路を比較的速いペースで走っていても、3000rpm以下で事足りでしまうほどである。高速安定性はすばらしく、風切り音も少ないので、うっかりするとスピードが出すぎてしまうくらいだ。そのエンジンは踏み込んでゆけばモリモリと力を増してゆくが、回転の上昇はあまりスムーズでなく、ガサガサした印象がつきまとう。だからあまり回さないで、出力200ワットの高級オーディオでいい音楽でも聴きながら、スマートに走行したほうが、静かだし、快適でいい。ステアリングフィールは自然で、リニアな感覚をドライバーに与えてくれる。勾配のきつい箱根ターンパイクを走ってみると、速いペースで、コーナーを安心してクリアできる。ただし「2.3t」と比べると、ややノーズヘビーな感じがして、軽快感には欠けるようだ。というわけで「サーブ9-5グリフィン3.0t」は、その乗り味もインテリア同様、重厚で濃密な感じのするクルマだった。「2.3t」が若くてはつらつとした好青年という感じだとすると、「グリフィン3.0t」は実力や地位も向上したけれど、お腹も出てきて、ちょっと脂っぽくなったもと好青年といった感じである。ちなみに価格は580.0万円。メルセデスのEクラスを買うよりは「独自の価値観を持った、個性派の自分」をアピールできることは間違いないだろう。「9-5」シリーズは、とても個性的で、上質なクルマでした。ひさびさに「いいものに乗った」と思えた1台です。くどいですが、個人的には「2.3t」のほうがより好ましいと思いましたが。同時に発売された「2.3tエステート」の試乗記は追ってお届けします。(Web CG スヤマ)
ホームへ戻る