VW「ゴルフワゴンGT」と特別仕様車を発売

2003.09.30 自動車ニュース
 

VW「ゴルフワゴンGT」と特別仕様車を発売

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ゴルフワゴン」にスポーティ版「GT」を追加。さらに、ロングツーリングに適した快適装備を備える特別仕様車「シュトラーセ」を設定し、いずれも2003年10月3日から販売する。


写真上:ゴルフワゴンGT
写真下:ゴルフワゴン シュトラーセ。ボディ色は特別色の「シルバーグレーメタリック」
 

「ゴルフワゴンGT」は、「ゴルフGTI」が積む1.8リッター直4ターボ(150ps、21.4kgm)を搭載するスポーティバージョン。トランスミッションは、ティプトロニック付き5段ATが組み合わされる。サスペンションには、専用スポーツサスペンションを装着し、高い走行性能を実現したと謳われる。
外観は、フロントフォグランプや、UVカット機能付きダークティンテッドガラスを採用。タイヤは205/55R16インチと、従来よりサイズアップした。インテリアは、革巻き3本スポークステアリングホイールやシフトノブで、スポーティに演出。オプション装備として、フルオートエアコンやレザーシートなどをセットにした「プレミアムパッケージ」(23.0万円)が用意される。

価格は、GTが299.0万円、GTプレミアムパッケージは322.0万円。


HDDナビゲーションシステム
 

ゴルフワゴンの特別仕様車「シュトラーセ」(ドイツ語で道の意味)は、上級「GLi」にHDDナビゲーションシステムを搭載したモデル。ナビシステムは、未使用時にセンターパネルに収納できるポップアップ式、アンテナはフィルム式を採用し、オリジナルの見た目を損なわないよう配慮された。ほかに、ダークティンテッドガラスがリアまわりに装備される。

500台限定で、価格はGLiの20.0万円高、295.0万円に設定された。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン:http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • ドゥカティ・スクランブラー シックスティー2(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.14 試乗記 トラッカースタイルが人気を博す「ドゥカティ・スクランブラー」のなかでも、最もコンパクトなエンジンを搭載した「シックスティー2」。シンプルさが身上のエントリーモデルは、「普通二輪免許で乗れる」という以外にも選ぶべき理由のある一台に仕上がっていた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
ホームへ戻る