VW「ゴルフワゴンGT」と特別仕様車を発売

2003.09.30 自動車ニュース
 

VW「ゴルフワゴンGT」と特別仕様車を発売

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ゴルフワゴン」にスポーティ版「GT」を追加。さらに、ロングツーリングに適した快適装備を備える特別仕様車「シュトラーセ」を設定し、いずれも2003年10月3日から販売する。


写真上:ゴルフワゴンGT
写真下:ゴルフワゴン シュトラーセ。ボディ色は特別色の「シルバーグレーメタリック」
 

「ゴルフワゴンGT」は、「ゴルフGTI」が積む1.8リッター直4ターボ(150ps、21.4kgm)を搭載するスポーティバージョン。トランスミッションは、ティプトロニック付き5段ATが組み合わされる。サスペンションには、専用スポーツサスペンションを装着し、高い走行性能を実現したと謳われる。
外観は、フロントフォグランプや、UVカット機能付きダークティンテッドガラスを採用。タイヤは205/55R16インチと、従来よりサイズアップした。インテリアは、革巻き3本スポークステアリングホイールやシフトノブで、スポーティに演出。オプション装備として、フルオートエアコンやレザーシートなどをセットにした「プレミアムパッケージ」(23.0万円)が用意される。

価格は、GTが299.0万円、GTプレミアムパッケージは322.0万円。


HDDナビゲーションシステム
 

ゴルフワゴンの特別仕様車「シュトラーセ」(ドイツ語で道の意味)は、上級「GLi」にHDDナビゲーションシステムを搭載したモデル。ナビシステムは、未使用時にセンターパネルに収納できるポップアップ式、アンテナはフィルム式を採用し、オリジナルの見た目を損なわないよう配慮された。ほかに、ダークティンテッドガラスがリアまわりに装備される。

500台限定で、価格はGLiの20.0万円高、295.0万円に設定された。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン:http://www.volkswagen.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る