ホンダ「CR-V」を一部改良&新グレード追加

2003.09.29 自動車ニュース

ホンダ「CR-V」を一部改良&新グレード追加

本田技研工業は、ライトクロカン「CR-V」を一部改良。加えて、装備を充実させた新グレード「パフォーマiL-S」と「フルマークiL-S」を追加し、2003年9月26日から販売を開始した。

一部改良の眼目は、安全装備の充実と、オプション設定されるナビゲーションシステムのグレードアップ。具体的には、全車に、盗難防止装置のイモビライザーを標準装備。ナビゲーションシステムは、HDDナビが、ホンダの情報テレマティクスサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」対応に変更された。ベーシックな「iG」に、AM/FMチューナ付きCDプレーヤがオプション設定されたことも新しい。

装備充実の新機種「iL-S」が追加されたこともニュース。都会的な「フルマーク」と、アクティブなイメージの「パフォーマ」の両方に設定された。
エクステリアは、ダーククロームメッキのフロントグリルや、専用のブラックシート地などでお化粧。ボディ色は、専用の「アークティックブルーパール」と「グラファイトパール」を設定した。充実した装備がウリで、ディスチャージヘッドランプや、フロントドア撥水ガラスなどを標準で備える。

価格は「パフォーマiL-S」が231.0万円(4WD/4AT)、「フルマークiL-S」が210.5万円(FF/4AT)と228.5万円(4WD/4AT)。従来からのグレードは一律1.5万円高に設定され、188.8万円から231.0万円となった。

(webCG 本諏訪)

ホンダ「CR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/cr-v/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る