ホンダ「CR-V」を一部改良&新グレード追加

2003.09.29 自動車ニュース

ホンダ「CR-V」を一部改良&新グレード追加

本田技研工業は、ライトクロカン「CR-V」を一部改良。加えて、装備を充実させた新グレード「パフォーマiL-S」と「フルマークiL-S」を追加し、2003年9月26日から販売を開始した。

一部改良の眼目は、安全装備の充実と、オプション設定されるナビゲーションシステムのグレードアップ。具体的には、全車に、盗難防止装置のイモビライザーを標準装備。ナビゲーションシステムは、HDDナビが、ホンダの情報テレマティクスサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」対応に変更された。ベーシックな「iG」に、AM/FMチューナ付きCDプレーヤがオプション設定されたことも新しい。

装備充実の新機種「iL-S」が追加されたこともニュース。都会的な「フルマーク」と、アクティブなイメージの「パフォーマ」の両方に設定された。
エクステリアは、ダーククロームメッキのフロントグリルや、専用のブラックシート地などでお化粧。ボディ色は、専用の「アークティックブルーパール」と「グラファイトパール」を設定した。充実した装備がウリで、ディスチャージヘッドランプや、フロントドア撥水ガラスなどを標準で備える。

価格は「パフォーマiL-S」が231.0万円(4WD/4AT)、「フルマークiL-S」が210.5万円(FF/4AT)と228.5万円(4WD/4AT)。従来からのグレードは一律1.5万円高に設定され、188.8万円から231.0万円となった。

(webCG 本諏訪)

ホンダ「CR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/cr-v/

 
ホンダ「CR-V」を一部改良&新グレード追加の画像

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
ホームへ戻る