トヨタの新ミニ・ミニバン「シエンタ」デビュー

2003.09.29 自動車ニュース
 

トヨタの新ミニ・ミニバン「シエンタ」デビュー

トヨタ自動車は、新型の7人乗りコンパクトミニバン「シエンタ」を、2003年9月29日に発売した。


Gグレードのインパネ。インテリアカラーは、写真のアイボリーとグレーの2種類が用意される。
 

■……とくればピンとくる

スペイン語で「7」の「シエテ」と、英語の「エンターテイン(楽しませる)」をかけ合わせた名前の「シエンタ(SIENTA)」。フロントが「bB」、リアは「カローラ」のプラットフォームをベースに、全長4.1mのボディ、3列シートを載せた7人乗りの……とくれば、ピンとくるひとも多いだろう。
ホンダが2001年12月に発売した「モビリオ」(「フィット」ベース)、そして日産が今月リリースした「キューブ キュービック」(「マーチ」ベース)のライバル。小まわりがきくコンパクトさ、そしてイザというときに7人が乗れる“懐の深さ”(?)がウリのミニ・ミニバンである。



 

ターゲットに据える顧客層も「若年ファミリー」と、キューブキュービックらに重なる。シエンタでは、「簡単、お気軽、片手でポン!」をキャッチフレーズに、特に小さな子供をもつ奥様に訴求する。簡単操作でアレンジできるシートはいわずもがな。リアの両側スライドドアを開ければ、トヨタの推し進める「誰もが使いやすいユニバーサルデザイン」が随所に散りばめられている、という。
エンジンは1.5リッター直4のみ。2WDにCVT(無段変速機)、4WDに4段ATを組み合わせる。月間目標販売台数は、キュービックのちょうど倍にあたる7000台。巨人トヨタは、フォロワーであっても容赦しない!?



 

■片手でポン!

丸目のヘッドライト、丸みを強調したフェンダー、アーチを描くAピラーなどで、「『ミニバン=箱型デザイン』からの脱却を図り」(広報資料)つつ、財布の紐を握る奥様へアピールするシエンタ。そのデザインコンセプトは「ヒーリングモダン〜ホッと癒され、今風で新しい」とか。
車内にも丸みを多く取り入れ、楽しさ、温かさ、くつろぎ感を演出。インパネ中央のサークルのなかに、メーター、オーディオなどの操作系スイッチ、シフトレバーなどが配される。

スリーサイズは、全長×全幅×全高=4100×1695×1670(4WDは1680)mm。ホイールベース(WB)は2700mmで、取りまわしのしやすさの目安、最小回転半径は5.2m(2WD)だ。もっとも新しいライバル、キューブキュービック比で、全長×全幅×全高=200mm×25mm×25mm大きく、WBは100mm長い。キュービックの最小回転半径は4.7mである。また、同じスライドドアをもつモビリオとは、プラス45×プラス10×マイナス70mmで、WBはマイナス40mm、最小回転半径は0.1m小さい。



 

「大人が3列同時にきちんと座れる」を謳う室内では、1-2-3列のヒップポイントを1605mmに設定。2列目下に「偏平型燃料タンク」を配し、足もとスペースをスッキリさせた。また狭いところで便利なスライドドアは、開口長を600mmとし、2、3列目へのアクセスのしやすさを高めたという。
ほぼ垂直にそそり立つリアハッチの開口部は、最大で高さ1090mm、幅1070mm。ラゲッジスペースは、当然、3列目を使えば限られる。通常の容量は131リッターだ。



 

2列目は、ISO-FIX対応チャイルドシート固定専用バーが備わる、5:5分割可倒式。3列目同様、左右独立して可動し、アレンジの幅を増やす。
リアドアを開くと目に飛び込んでくる、2列目のショルダーレバーを「片手でポン!」すれば、シートバックが前に倒れるとともに座面前端がもち上がり、そのまま簡単に前方へスライド可能。すると3列目へ楽々乗り込める、というのがミソらしい。

3列目は、ノブを引っ張りシートバックを倒し、座面部にあるロックを解除しもち上げながら前方へ動かすと、2列目下に格納される仕組みだ。



 

エンジンは、1.5リッター直4DOHC16バルブVVT-i付きのBEAMS「1NZ-FE」型。2WDと4WDで異なり、特に新しくあつらえたという2WD用(110ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)はエンジン内部の摩擦を抑えるなど改良。効率のよいCVTを組み合わせ、リッター19kmのカタログ燃費を実現したという。4WDは、105ps/6000rpmのパワーと14.1kgm/4200rpmのトルクが、4段ATを介して四輪に配される。環境性能は、全車「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)」を達成した。



 

価格は、2WDにのみ設定される廉価グレード“Eパッケージ”の137.0万円から。キュービックとモビリオのベーシックモデルは、いずれも139.8万円からなので、ライバルに真っ向からブツけた設定である。詳細は以下の通り。

・2WD
“Eパッケージ”:137.0万円
X:149.0万円
G:165.0万円
・4WD
X:168.0万円
G:184.0万円

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

シエンタ:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/sienta/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る