ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

2003.09.25 自動車ニュース
 

ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、5ナンバーサイズのミニバン「ストリーム」をマイナーチェンジ。内外装デザインをあらためたほか、スポーティグレード「アブソルート」を追加設定し、2003年9月26日から販売を開始する。


【写真上】ストリーム アブソルート
【写真下】ストリーム S(2.0リッター)
 

今回のマイナーチェンジでは、4灯ヘッドライトが新しいフロントマスクや、前後バンパーを変更して外観をリフレッシュ。内装は、シート形状を改めるなど、上質を高めた。

新しく加わった「アブソルート」は、1.7リッター車のみに用意されるスポーティグレード。専用パーツで補強を加えた高剛性ボディやチューンドサスペンションを備え、爽快かつしなやかな走りを実現したという。

ラインナップは、1.7リッター車がベーシックの「G」、上級の「S」、スポーティな「アブソルート」の3種。2.0リッターモデルは「S」のみだが、エアロバンパーやスポーティグリルなどを備えた「Sパッケージ」も用意される。

価格は新グレード「アブソルート」(FF/4AT)が190.0万円で、他のグレードは従来と較べて最大1.2万円高と、ほぼ据え置かれた。デビューから約3年が経過し、販売にややかげりが見えはじめたストリーム。マイナーチェンジで復活なるか? トヨタが放つライバル「ウィッシュ」との戦いも注目である。

(webCG 本諏訪)

ホンダ「ストリーム」:
http://www.honda.co.jp/STREAM/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る