ホンダ「シビック」シリーズをマイナーチェンジ

2003.09.23 自動車ニュース
 

ホンダ「シビック」シリーズをマイナーチェンジ

本田技研工業は、「シビック」シリーズをマイナーチェンジし、2003年9月19日から販売を開始した。シリーズ共通の変更は、双方向情報ネットワークサービス「インターナビプレミアムクラブ」対応の、オーディオ一体型HDDナビゲーションシステムをオプション設定したこと。


シビック XS
 

今回のマイナーチェンジでは、5ドアハッチバック「シビック」の内外装を変更したほか、エンジンを1.7リッターに統一したほか、パドルシフト付き7段CVTを搭載する新グレード「XS」を設定。セダンの「シビックフェリオ」「シビックハイブリッド」は、内外装変更と装備の充実が図られた。

■「シビック」は1.7リッターエンジンのみに

ハッチバックの「シビック」は、従来1.5リッターと1.7リッター計4種類のエンジンラインナップを持っていたが、マイナーチェンジで1.7リッターに一本化。エンジンスペックに変更はなく、1.7リッターVTECは、130ps/6300rpmの最高出力と、15.8kgm/4800rpmの最大トルクを発生する。
外観は、新デザインのフロント/リアバンパーや、サイドシルガーニッシュ、テールゲートスポイラーを装着。インテリアは、自発光式メーターの採用や、シートデザインの変更などを行い、質感向上を図った。

今回、グレードをベーシックな「X」、スポーティな「XS」、4WDの「X4」3種に整理したこともニュース。新設定の「XS」グレードは、「7スピードモード付ホンダマルチマチックS(CVT)」を搭載し、ステアリング裏に備わるパドルシフトによって、マニュアル感覚の変速操作を実現したスポーティな乗り味をウリにする。なお、2リッターエンジン搭載の「シビック タイプR」は、従来モデルのまま継続販売される。


シビック フェリオ XL
 

■セダンは内外装リフレッシュ

セダンの「シビック フェリオ」と「シビック ハイブリッド」は、フロント/リアバンパーとサイドシルガーニッシュのデザインを変更。インテリアは、自発光式メーターの採用や運転席アームレストを標準装備(フェリオXL、X、X4)する。ハイブリッドに、イモビライザーが付与されたことも新しい。

セダンのグレード体系も見直され、リーンバーンエンジン搭載の「iE」グレードを廃止。1.5リッター搭載の「C」「C4」、1.7リッター搭載の「X」「XL」「X4」のラインナップとなった。ハイブリッドは従来通りのモノグレード。
価格は「フェリオ」が最大8.3万円の値上げ、「ハイブリッド」は3.0万円高に設定された。詳細は、以下の通り。

●シビック
X:160.0万円(FF/CVT)
XS:180.0万円(FF/CVT)
X4:177.5万円(4WD/4AT)

●シビックフェリオ
C:131.8万円(FF/5MT)、139.8万円(FF/4AT)
X:152.0万円(FF/5MT)、160.0万円(FF/CVT)
XL:175.0万円(FF/CVT)
C4:151.3万円(4WD/5MT)、159.3万円(4WD/4AT)
X4:179.0万円(4WD/4AT)

●シビックハイブリッド
ハイブリッド:212.0万円(FF/CVT)

(webCG 本諏訪)

ホンダ:
http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る