第69回:勝手に号外!小沢コージ、初のファーストクラス試乗……しかし、いらない!?

2003.09.22 小沢コージの勢いまかせ!

第69回:勝手に号外!小沢コージ、初のファーストクラス試乗……しかし、いらない!?


第69回:勝手に号外!小沢コージ、初のファーストクラス試乗……しかし、いらない!?の画像
シャンパンでカンパーイ! ブランド忘れたけど上等な奴でした。
シャンパンでカンパーイ! ブランド忘れたけど上等な奴でした。

■ビジネス、ファーストでいいのか!?

あのね。ホントは「続フランクフルトショー」とか書くべきことはいっぱいあるんだけど、ゴメン。ついつい書きやすい雑談から行っちゃいまーす!

その前にヒトコト。えー、俺は前々から思っているのだが、この業界(つまり自動車専門誌)には、間違っている点が多々あると思う。それはメーカーさんの招待で海外取材に行くとき、ほとんどの場合がビジネスクラスなこと。

正直、ありがたい。ラクチン、うれしくないわけがないが、自重する意味でそれが当たり前になるのはどうだろうか。だってさ。堕落する一方じゃない。人間として。
あたり前の話だが、俺はプライベートではエコノミーに乗るし、苦でもなんでもない。こないだなんか人と合わせるために、ヨーロッパ便でビジネスからエコノミーへダウングレードしたほど。だいたい一応ジャーナリストなんだからさ。移動手段なんか最低限でいいじゃない。

元々メーカーさんの招待で、海外試乗会やショーに行かせてもらってるわけだし、それだけでもありがたいじゃないですか。そんなにビジネスで行きたかったら、マイレージでも貯めて個人的にアップグレードすればいいと思う。そんなに離陸前にシャンパン飲みたいですか? って感じ。
人間、ついつい贅沢はクセになる。それが一番怖いんですよ……。

腹筋トレーニングも出来ます!?
腹筋トレーニングも出来ます!?
ビートルみたいに一輪挿しも付く。
ビートルみたいに一輪挿しも付く。

■日本ドイツ間、片道90万円超!

ってな具合にカッコいいこといっちゃったけど、要するに次の現象の前フリね。そ、初めてファーストクラスなるものに乗っちゃったのだ〜! いやー、バブリーだったぁ。面白かったです。
フランクフルトから成田に帰ってくる時、ルフトハンザだったんだけど、本来のビジネスの席がいっぱいだったのか、勝手にファーストクラスになっていたのだ〜、どっひゃ〜。さっきホームページで調べてみたところ、同日の片道料金が90万300円。正規料金とはいえね。うーむ……。

でね。凄かったです。なにがスゴかったって、最大のポイントは横に寝られることだよね。その昔、「起きて半畳、寝て一畳」って、いくら人間が偉くなっても所詮その程度という格言があったけど、その一畳が高いんだよ! という具合ですか。そういえば、隣のドイツ人らしき人はメシも食わずに、乗った瞬間から降りる瞬間まで寝てました。
「世のなか、タダほど高いもんはない!」とはよくいわれることだけど、このたびは「世のなか、ハイテクでつくられた場所ほど高いもんはない!?」ってな具合ですか。スペースシャトルの場合、もっと高いんだろうなぁ……なんて。

それからね。面白いのがスチュワーデスさん。よっぽどの美人が出てくると思ったらとんでもない。松島トモ子さんみたいなお母さんが出てくるのだ〜。正直、色気のかけらもないけど、この方が気の付くこと気の付くこと。接客業として、ひとつの究極を見た思いです。

これが鹿肉、だったと思う……。
これが鹿肉、だったと思う……。
寝巻き代わりの長袖も支給されます。
寝巻き代わりの長袖も支給されます。
足下、通路もひろ〜い。
足下、通路もひろ〜い。

■贅沢ってのは……

それから食事ね。豪華なのはもちろんなんだけど、まずはメニューの多さに驚いた。オードブルはカートに乗って4種類ぐらいでてくる。基本は1、2皿なんだけど、その気になれば3〜4皿食うことも可能。さすがにやらなかったけどね。しかも“質”がよい。一番わかりやすいところでは「北極鹿」だっけかな?「北極アザラシ」だっけかな? の肉が印象的。クセあるけどしょっぱウマかったです。
あと、最初にシャンパン出てくるのはビジネスクラスも一緒だけど、同時に出てくるナッツをわざわざあっためてくれるのにも参った。この分だけでいくらに換算されるんだろう……とか、セコいこと考えたりして。そのほかじゃ歯ブラシセットはやたら豪華だし、隣との距離も離れてるしね。「お金を取る」とはどういうことかを知らされました。

さらに、面白かったのが通路を隔てて隣に座った日本人女性。コシノ○×△さんとかモリ○△□といった風の、いかにもヨーロッパ慣れした人だったんだけど、乗るなり“松島トモ子”(キャビンアテンダント)さんに「今日は混んでるわねぇ」と一言。それもかなりイヤそうに。

贅沢ってのはつくづく慣れるんだなぁと思った次第。でもその人も、隣にカッコよさげな白人男性が座ったらやたらうれしそうにお話してたけど。
で、改めて俺はここに断言します。
俺はエコノミークラスで十分!
年収“億”にでもなったら話は変わるかもしれないけどね。要するに残り一生ですべて、「一時間当たり平均10万円ぐらい使える人」になったらね。それよっか早く帰りたいよ〜!

(文=小沢コージ/2003年9月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!