【スペック】全長×全幅×全高=4155×1785×1705mm/ホイールベース=2490mm/車重=1390kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=239.0万円(テスト車=290.1万円)

トヨタRAV4 L ワイドスポーツ5ドア(4WD/4AT)【フリーフテスト】

トヨタRAV4 L ワイドスポーツ5ドア(4WD/4AT) 2003.09.19 試乗記 ……290.1万円総合評価……★★北米市場に軸足を置いたモデルチェンジを果たした2代目RAV4。大きくなったボディを、オバフェン、60タイヤ、ルーフレールでスポーティに装った「ワイドスポーツ」に、ジャーナリストの河村康彦が乗った。


全車☆☆☆

「カローラレビン」や「スプリンタートレノ」などの“若者向けクーペ”に見向きもしなくなったヤングユーザーを何とか取り込もうと、トヨタが旺盛な開拓心をもって世に送り出したのが、初代「RAV4」。1994年にデビューした小型SUVは、“キムタク”による宣伝効果と比較的リーズナブルな価格、そして当時の「RVブーム」などが相まって、期待以上の販売成績を記録した。
そんな日本市場をターゲットにした先代と比較して、現行2代目は欧米マーケットを見据えた“国際派”に変身。初代モデルのイメージは残しているものの、ボディサイズは大きく拡大された。
2003年8月に行われたマイナーチェンジでは、「スポーティ感および質感を高めた外観・内装に意匠変更するとともに、環境性能の向上と安全装備を充実させている」(プレスリリース)。マイチェン後のRAV4は、全車「超−低排出ガス車(☆☆☆)」となった。直噴エンジンを搭載する2リッター車は、さらに「平成22年燃費基準」を達成、グリーン税制による減税措置対象車に認定された。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1994年に生まれた小さな4駆トヨタ。カローラ店用の「RAV4 L」とネッツトヨタ店用「RAV4 J」の2種があり、3/5ドアボディはともに4WDのみでなく、FFモデルも用意される。
3ドアと主力の5ドアの性格は、意図的に分けられている。オリジナルのスピリットを受け継いだ前者は、主に都会用レジャーカーといった狙いになっている。それに対し、後者はユーティリティをかなり重視したワゴンである。従ってボディはかなり異なり、3ドアと5ドアでは、ホイールベースが210mmも異なる
今回のマイナーチェンジを機会に、3/5ドアともどもフロントグリルやバンパーがやや変わり、ヘッドランプやリアランプの形状に変更を受けたが、むしろエンジンの改変の方が大きい。FF用の1.8と4WD用2.0の4気筒エンジンが用意され、両エンジンとも「超-低排出ガス規制」を達成、直噴ガソリンの2リッター版は「平成22年燃費基準」を先行してパスしている。
さらにフロントのサイドエアバッグや前後のカーテンシールドエアバッグが装備され、モデルによってはVSCやTRCが標準、さらにディスチャージ・ヘッドランプも一部モデルに与えられるなど、安全性の向上が図られた。
(グレード概要)
RAV4には、3/5ドアとも3つのグレードが設定される。ベーシックな「X」、アルミホイール、オートエアコン、本革巻きステアリングホイール、クルーズコントロールなど、装備を奢った「X Gパッケージ」、そしてオーバーフェンダー、ルーフレール、235/60R16タイヤでスポーティに装う「ワイドスポーツ」である。ヘッドランプは、ディスチャージが標準となる。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
マイナーチェンジを受けたRAV4だが、実際にドライバーズシートに腰を降ろすと、どこが変化したのかわからない。資料をひもといてみると、「ステアリングホイールのマークのメッキ化」や「インパネ上面のソフトフィール加工」「センターパネルの加飾パネル意匠変更」などとのこと。従来型のオーナーでも気が付かないかも知れない。
これまでのモデルでは、「Gショック」のようなデザインのセンターパネルが売りものだったはずだが、マイチェンにともなって縦長化されたせいで、個性が薄れた印象を受けた。ダッシュボードまわり全体の品質感も、どことなく物足りない。同じ“プラスチッキー”なダッシュボードでも、四角いラジカセ(死語!?)をポンと置いたような初代モデルのユニークさが懐かしい……。
(前席)……★★
今度のRAV4のインテリアは、個人的な感想を述べると、ジジ臭い。「どこがどうして……」と考えていたら、それがダークグレーで統一された室内色に起因していることに気がついた。今回のテスト車は、インテリアカラーで随分損をしていたのだ。
……と思ってカタログを調べてみると、最新のRAV4には、何とこの暗いグレー以外にインテリアカラーがない! デビュー当初の2代目モデルには、ブルーやブラックも設定をされていたのに……。
RAV4というクルマにダークグレーのインテリア色のみ−−信じられない。ぼくだったら、もうそれだけで購入リスト落ちだ。このあたりこそ、日本車のツマラナイところだと思った。
(後席)……★★★
高い室内高のなかに比較的アップライトな姿勢で座ることになる。居住スペースは十分。高めのヒップポイントで見晴らしも良好。長時間の着座も苦にならない。
……が、こうして座ってみるとシートもドアトリムも、質感が物足りない。何となく長年使いこまれたタクシーの後席に居るように感じた。
(荷室)……★★★★
サイド開きのテールゲートは、初代から受け継いだ形式だ。5ドアモデルの場合、リアシート後方にもそれなりのスペースが残るし、簡単操作でリアシートのスライドと折り畳みが可能なので、使い勝手は極めて良好。リアシートバックを前倒ししたうえでクッションをタンブルさせれば、フロントシート後方すべてが平らで広大なラゲッジスペースになる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
全車「超−低排出ガス車(☆☆☆)」はサスガだが、ドライバビリティの方はいまひとつ。2リッター直噴エンジンは、低回転域でのトルク感が細めなうえ、組み合わされるATが4段であるため、各ギアの守備範囲が広くなりがち。1.4トンと、決して軽いとはいえない重量には、ちょっと物足りない。コンパクトなボディに2リッターエンジンを載せ、意外なほどに元気に走った初代RAV4の3ドアモデルが懐かしい……。
これでトランスミッションが、5段ATもしくはCVTに変われば、フィーリングはグンと好転しそう。「いまのままならマニュアルで乗った方が……」と個人的には思うが、いまではそれも叶わない。日本でのラインナップは、4ATのみとなる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
RAV4の走りは、少々安っぽい。路面の凹凸は意外に神経質に拾うし、エンジン透過音も想像したよりダイレクトにキャビンに侵入する。その一方で、ハンドリングは何ともおっとりしていて、ダイレクト感に欠ける。この点は、ホイールベースが210mmも短い3ドアモデルになれば、かなり変わってくると思うが……。
本来“豊かなキャラクター”が売り物であるはずのRAV4の走りが、何とも個性に欠けるものであったことは、残念。どこに大きな不満があるというわけではないが。「不満がないのをよしとする」をクルマ選びの選択条件にしたとしても、わざわざRAV4を選ぶまでもない、と思う。

(写真=清水健太)



【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2003年8月26日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:822km
タイヤ:(前)235/60 R16(後)同じ
オプション装備:VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)&TRC(トラクション・コントロール)(7.0万円)/SRSサイドエアバッグ(フロントシート)&SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・リヤシート)&盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)(7.5万円)/オーディオDVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションII(27.6万円)/チルト&スライド電動ムーンルーフ(9.0万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(6):高速道路(3):山岳路(1)
テスト距離:266.3km
使用燃料:31.6リッター
参考燃費:8.4km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RAV4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタRAV4 Sport(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2006.2.14 試乗記 ……295万6800円
    総合評価……★★★★

    大きくなったとはいえ、SUVとしては今でもコンパクトなトヨタの街乗りヨンク、新型「RAV4」。スポーツモデルに試乗、期待の乗り心地はどうなのか。


  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタRAV4 G(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2005.12.30 試乗記 ……281万850円
    総合評価……★★★

    11年振りに生まれ変わった、トヨタの街乗りヨンク、3代目新型「RAV4」。2.4リッター5ドアのみとなり、アメリカに向け大きくなった。乗ってみると……。


  • 「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用 2008.9.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2008年9月1日、SUVの「RAV4」のマイナーチェンジを実施。グレードごとに異なるフロントマスクを与えるなど、一部変更が行われた。
  • トヨタRAV4 J ワイドスポーツ 3ドア(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2003.9.3 試乗記 ……225.0万円
    総合評価……★★★

    小柄なボディと4輪独立懸架。初々しいキムタクが宣伝した「RAV4」も、しかし代が替わり……。『webCG』エグゼクティブディレクターがマイチェン後の2代目RAV4に乗った。


ホームへ戻る