ポルシェ、“ターボ(ルック)”のオープン&40周年記念モデルを発表

2003.09.19 自動車ニュース
 

ポルシェ、“ターボ(ルック)”のオープン&40周年記念モデルを発表

ポルシェジャパンは、新しい911のオープンモデル「911ターボ カブリオレ」と「911カレラ4S カブリオレ」をラインナップに追加。さらに、911のデビュー40周年を記念した「911アニバーサリーエディション」を発表。2003年9月16日から受注を開始した。


【写真上】911ターボカブリオレ
【写真下】911カレラ4Sカブリオレ
 

「911ターボ カブリオレ」は、3.6リッター水平対抗6気筒ツインターボエンジン(420ps)を積む911カタログモデルの最高峰「ターボ」をオープンに仕立てたニューモデル。911ターボのオープンは、1987年から89年までつくられた930型ターボカブリオレ以来、約14年ぶりとなる。0-100km/h加速は、ターボクーペのわずか0.1秒落ちである4.3秒、最高速度はターボクーペと同じ305km/hを誇るスーパーオープンだ。
「911カレラ4S カブリオレ」は、ターボのボディと足まわりに、320psを発するNAユニットを搭載したクーペ「911カレラ4S」のオープンバージョンである。

ふくよかなリアフェンダーをもつ2台の“ターボ(ルック)”カブリオレは、Bピラー背後に補強剤などを追加したことにより、911オープンモデルのなかで、もっとも高いボディ剛性を誇るという。オープン機構に、走行中でも50km/h以下であれば開閉できるシステムを採用したことも新しい。

価格は、「911ターボカブリオレ」が1920.0万円、「911カレラ4Sカブリオレ」が1422.0万円。トランスミッションは5段ティプトロニックのみで、ハンドルは右・左両方が用意される。


911アニバーサリーエディション
 

加えて、911の誕生40周年を記念した「911アニバーサリーエディション」と呼ばれる限定モデルが発表された。911が1963年のフランクフルトショーで発表されたことにちなみ、全世界で1963台が限定販売される。

エンジンは、自然吸気の3.6リッター水平対向6気筒だが、「911カレラクーペ」より25psパワーアップ。、最高出力345psを発生し、0-200km/h加速16.5秒、最高速度290km/hのパフォーマンスを得た。これは、NAエンジンを搭載モデルとしては、「911GT3」に次ぐ性能の高さである。ボディカラーは、03年のフランクフルトショーでお披露目されたスーパースポーツ「カレラGT」と同じ「GTシルバーメタリック」。エクステリアには、大径エアインレットをもつターボ」用フロントバンパーや、ポリッシュド18インチカレラホイール、メッキテールパイプなどを装着する。ダークグレーのソフトレザーシートを装着するインテリアは、センターコンソールとシフトノブを、ボディカラーとコーディネート。シフトノブの奥に「40 Jahre 911」と刻印されたプレートが付与される。

左ハンドル、6段MTのみの設定で、価格は1262.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

『webCG』リンク
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ【海外試乗記】:
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013561.html
ポルシェ911ターボカブリオレ【海外試乗記】:
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013711.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
ホームへ戻る