マツダ「ロードスター」、内外装リフレッシュ

2003.09.19 自動車ニュース
 

マツダ「ロードスター」、内外装リフレッシュ

マツダは、オープン2シーター「ロードスター」の内外装や装備の一部を変更し、2003年9月18日に発売した。



 

インパネやドアトリムまわりにアルミ調パーツを採用。布シートの表皮はパイピング加工本革へ変更し、ちょっとアップグレード。さらにホイールも新デザインの16インチアルミホイールとなった。

装備面では、運転席サンバイザーにバニティミラーが備わったほか、グレードによって装備内容の充実が図られた。加えてオプション設定となる「BOSEサウンドシステム」が6スピーカー/225Wにグレードアップされたのもニュースだ。

価格は、185.0万円から244.8万円まで。従来より最大で1.7万円の値上げとなった。

(webCG 本諏訪)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)【試乗記】 2016.2.9 試乗記 4代目「マツダ・ロードスター」に、ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーの採用、ブレーキの大径化などによって、運動性能が高められた上級グレード「RS」が登場。 専用のチューニングがかなえた、ほかのグレードとは一味違う走りを試す。
  • マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)【試乗記】 2015.11.18 試乗記 マツダのライトウェイトオープン2シーター「ロードスター」に、より走りを追求した上級グレード「RS」が登場。ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーなどでチューニングされたその“アシ”の実力を、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る