マツダ「ロードスター」、内外装リフレッシュ

2003.09.19 自動車ニュース
 

マツダ「ロードスター」、内外装リフレッシュ

マツダは、オープン2シーター「ロードスター」の内外装や装備の一部を変更し、2003年9月18日に発売した。



 

インパネやドアトリムまわりにアルミ調パーツを採用。布シートの表皮はパイピング加工本革へ変更し、ちょっとアップグレード。さらにホイールも新デザインの16インチアルミホイールとなった。

装備面では、運転席サンバイザーにバニティミラーが備わったほか、グレードによって装備内容の充実が図られた。加えてオプション設定となる「BOSEサウンドシステム」が6スピーカー/225Wにグレードアップされたのもニュースだ。

価格は、185.0万円から244.8万円まで。従来より最大で1.7万円の値上げとなった。

(webCG 本諏訪)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る