フォード「エクスプローラー」「エスケープ」に特別仕様車

2003.09.19 自動車ニュース
 

フォード「エクスプローラー」「エスケープ」に特別仕様車

フォードジャパンリミテッドは、SUV「エクスプローラー」にスポーティイメージを与えた特別仕様車「エクスプローラー スポーツアピアランス」を追加設定。小型SUV「エスケープ」には、内外装を黒基調とした「エスケープ ブラックプレミアム」を設定し、いずれも2003年9月17日から販売を開始した。


【写真上】エクスプローラー スポーツアピアランス
【写真下】エスケープ ブラックプレミアム
 

「エクスプローラー スポーツアピアランス」は、4リッターエンジン搭載のベーシックグレード「XLT」がベース。前後バンパー下部やホイールアーチモール、サイドクラディングパネルを、専用色「プラチナムグレー」で塗装した。さらに、専用チューブラーサイドステップバーや、17インチのアルミホイール+オールテレーンタイヤを装着する。ボディカラーに、新色「シルバーバーチ」を加え、「ブラック」との2色展開となった。
200台限定の販売となり、価格はベース車の8.0万円高となる390.0万円(4WD/5AT)。

「エスケープ ブラックプレミアム」は、3リッターエンジン搭載の上級「XLT」をベースに、電動ガラスサンルーフや本革シートを特別装備する。ボディカラーは「ブリリアントブラック」と「ミディアムチタニウム」(グレー)の2トーン。インテリアにはカーボン調パネルや、ダークグラファイトのクロスシートを採用し、スポーティに仕上げた。
こちらは100台限定で、価格はベース車より33.0万円高い、280.0万円(4WD/4AT)となる。

(webCG 本諏訪)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
ホームへ戻る