プジョー「206」、国内販売で3万台達成

2003.09.18 自動車ニュース
 

プジョー「206」、国内販売で3万台達成

プジョージャポンは、日本における売れ筋“ブルーライオン”、「206」シリーズの国内累計販売台数が3万台に達したと、2003年9月17日に発表した。


【写真上】2003年9月に予約受付が始まったスポーツモデル「206RC」。世界ラリー選手権(WRC)のチャンピオンマシンのイメージを投影し、レースで得た技術を投入してつくられたという
【写真下】オープンボディにメタルトップを載せた、クーペでありカブリオレである「206CC」
 

「205」の後を継ぎ、1998年パリサロンにデビューしたコンパクトハッチバック「206」。わが国には翌年5月に上陸し、以来、スポーティな「S16」、クーペ・カブリオレことオープン「CC」、ステーションワゴン「SW」、さらに“最強のスポーツモデル”と謳われるスポーツバージョン「RC」とラインナップを全15車種にまで増強。同社の販売の5割強を占めるベストセラーへと成長した。

プジョー自身が手がけたフレンチテイストのコンパクトなスタイル、100万円台中盤からというリーズナブルな価格帯が日本のカスタマーに受け入れられ、続々と販売台数を伸ばし、発売から4年強で3万台を数えるに至った(販売台数の変遷は以下の通り)。
また日本のみならず、世界各国でもヒットし、昨年末には累計生産300万台を突破した。


リアオーバーハングをハッチバックモデル+195mmとしたステーションワゴン「206SW」
 

日本における「206」シリーズ販売台数の推移
1999年 2313台(5月-12月)
2000年 6495台
2001年 7654台
2002年 8234台
2003年 5184台(1月-8月)

(webCG 有吉)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場 2017.10.3 自動車ニュース プジョーのミドルサイズSUV「3008」に、特別仕様車「BlueHDiスペシャルエディション」が登場。ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のパワープラントや機能装備と、落ち着いた「アリュール」の内外装の組み合わせを特徴としている。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記