アウディ新型「S4」シリーズを発売

2003.09.18 自動車ニュース

アウディ新型「S4」シリーズを発売

アウディジャパンは、ミドルクラス「A4」シリーズをベースとするハイパフォーマンスモデル「S4」と「S4アヴァント」のニューモデルを、2003年9月16日から販売した。価格は、S4(左ハンドルのみ)が765.0万円、ワゴンのS4アヴァント(右ハンドルのみ)は782.0万円。

アウディA4の高性能バージョン「S4」&「S4アヴァント」のニューモデルは、日本に導入される。新型のパワーソースは、先代の2.7リッターV6ツインターボ(265ps)から、4.2リッターV8DOHC40バルブに変更し、344ps/7000rpmの最高出力と41.8kgm/3500rpmの最大トルクを発生。6段ティプトロニックと駆動方式はクワトロこと4WDを介し、0-100km/hを5.6秒でこなす動力性能を誇る。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4585×1780×1410(アヴァントの全高は1435)mmと、「A4 2.0」より一まわり大きく、低い。エクステリアに華美な装飾は施されないが、大きなエアインレットをもつバンパーや、左右2本出しのエグゾーストパイプ、薄い18インチタイヤなどで、スポーティ性を表現した。インテリアは、レカロシートをはじめ、カーボンファイバー製パネルや専用メーターなど、スポーティを演出するアイテムが付与される。足まわりは、リアサスペンションにセルフトラッキング式トラピゾイダルリンクを採用し、走行安定性とステアリングレスポンスを高めたという。フロント340mm、リア300mmの大径ブレーキディスクと、235/40R18インチタイヤの組み合わせに加え、S4は減速Gが0.5Gを超えると制動力をアップする「デュアルレートサーボ」を採用。アクティブセーフティーを高めたと謳われる。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン:http://www.audi.co.jp/

 
アウディ新型「S4」シリーズを発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る