【スペック】全長×全幅×全高=4840×1805×1935mm/ホイールベース=2900mm/車重2040kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(131ps/5600rpm、19.4kgm/4000rpm)+フロント交流モーター(13kW/1130-3000rpm、11.2kgm/0-1130rpm)+リア交流モーター(18kW/1910-2500rpm、11.0kgm/0-400rpm)/車両本体価格=366.0万円(テスト車=397.0万円)

トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT) 2003.09.16 試乗記 ……397.0万円総合評価……★★★★「トヨタ・エスティマハイブリッド」に続くハイブリッドミニバン第2弾「アルファードハイブリッド」。ベーシックな標準モデルに、『webCG』記者が乗った。
 

実用の哀しみ

「アルファードハイブリッド」の凄いところは、乗員をして、まるで“ハイブリッド”を感じさせない点である。カローラ級ハイブリッド「(初代)プリウス」が、ときにモーターだけで走って電気自動車感を、天才的なトランスミッション「動力分配装置」が不思議な加速感を、そして回生ブレーキが“カックン”感をドライバーに与えるのと比較して、トヨタの新型ハイブリッドミニバンは、目隠しして運転させられたら、もちろん恐くて運転できないのだが、そのドライブフィールはノーマル(?)アルファードとほぼ変わらない。たいてい回っている内燃機関、コンベンショナルなCVTを用いたトランスミッション、そして一段と自然になった電子制御ブレーキシステム「ECB」が、主な理由。
最新テクノロジーをいち早く消化して、それと感じさせずにお客さまに提供するところに、大トヨタの底力がある。使い勝手に関しても、またしかり。“実用”とは、細かいカイゼンの積み重ねと見つけたり。
「2トン超の8人乗りミニバンを、環境負荷への後ろめたさを感じることなく独りで乗りたい」というわがままなユーザーニーズに応える……、否、掘り起こすことも、ニッポン・ナンバーワン自動車メーカーの責務である。


 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2003年7月に追加された、トヨタのミニバン“フラッグシップ”「アルファード」のハイブリッドバージョン。「エスティマハイブリッド」で先行して採用された「THS-C」(TOYOTA Hybrid System-CVT)を搭載し、10・15モード燃費はガソリン車より10km/リッターほどよい、17.2km/リッターを実現した。電子制御ブレーキシステム「ECB」と、それに付随する車両安定システム「VSC」&「TRC」、発電機とバッテリーによる1500Wの大容量電源などが備わる。
ハイブリッド版の外装は、ボディ同色グリルやLEDリアコンビネーションランプを装着し、ガソリン車と差別化が図られた。インテリアは基本的に同じだが、ハイブリッドシステム作動状況などの車両情報を表示する「ワイドマルチAVステーション」をはじめとする、豪華装備が特徴である。
(グレード概要)
アルファードハイブリッドは、ベーシックな「アルファードハイブリッド」(8人乗り)と、装備が奢られた「Gエディション」(7/8人乗り)に大別される。それぞれに、足が不自由な方の乗降に便利な、左側のセカンドシートが車外に出てくる「サイドリフトアップシート装着車」(8人乗り)が用意される。Gエディションには、ナビゲーションシステムが標準装備され、シート地が「プリントニット」から「ジャカードモケット」にグレードアップされるほか、「バックドアイージークローザー」「レーンモニタリングシステム」「バックガイドモニター」「コーナーモニター」など、便利装備が標準で搭載される。


 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
ことさらデザインで先進性や“洗練”をアピールすることなく、庶民的にまとめられたインパネまわり。見やすく大きな「速度計」、明確な「シフトポジション・インジケーター」が親切だ。「燃料計」と、それに覆い被さるカタチで設定される「瞬間燃費計」が、芸はないけれど、ストレートに燃費運転を訴える。センターコンソールは、上部に「6.5インチモニター」「オーディオ類」そして「インパネシフト」と、機能的でこなれた配置を採る。
(前席)……★★★
「ヨッコラショ」とよじ登る感じのフロントシート。あたりを睥睨する高い視点が、「MINIVAN FLAGSHIP」オーナーのプライドをくすぐる。「MINIVAN FLAGSHIP」とは、カタログの最初のぺージに書いてあった。
シートそのものは、ラグジュアリーな造形とソフトな生地から、ソファーのような座り心地を予想させるが、意外や座面は硬め。太股部分を盛り上げた工夫で、“平板”とのそしりを免れる。まずまずの座り心地。シート全体の角度を調整するレバーと、クッションのみの傾斜を変えるダイヤルが備わる。
大判の地図も縦に差せる、低い位置の大きなドアポケット、インパネ右端とセンターの小物入れ、トンネルコンソールには、小物置きと2人分のカップホルダー、そしてなんでも放り込める大きなフタ付きコンソールボックスと、ボディサイズの余裕を反映して、モノ置き、モノ入れは豊富。
(2列目シート)……★★★★
“純”箱形ボディの特徴を活かし、広い室内。セカンドシートは、570mm(7人乗りは550mm)のスライド量を誇り、一番後ろにセットすると、ちょっと驚く広々感。大きなサンルーフ(オプション)を開ければ、採光も十二分。2列目3列目用のエアコン調整機能も備わる。左右読書灯ほか、ピラーと天井の境を照らす間接照明用スイッチあり。4段階の照度調整付き。
シートは、フロントと何ら変わらない座り心地を提供する。センターシートは「引き出し式の2点シートベルト」かつ「ヘッドレストなし」なので、基本的に肘かけスペースである。
前席トンネルコンソール後端にAC電源のコンセントがあるので、パソコン、デジカメ、はたまたゲームを、気兼ねなく使う、または充電することができる。
(3列目シート)……★★
絶対的なボディの大きさから、大人用としても十分実用的なサードシート。少々座面が短く低めの着座位置ながら、ある程度のロングドライブにも耐えられる居住性を確保した。後輪のうえなので、それなりに路面からの入力があるが、直接的な突き上げは、ほどほどに抑えられる。
車検上は3人座ることもできるが、それはもちろん書類上のハナシ。左右分割スライド式なので、片方のシートを諦めて荷物を積むことも可能だ。ヒトを積むことを諦めれば、左右サイドに跳ね上げて、大きな荷室を確保する選択肢もある。
3列目にも、専用のエアコン吹き出し口と読書灯が設けられる。両サイドヒジ置き部に、「カップホルダー」「カップ型灰皿」「大小2つの小物置き」と、スペースの有効活用が図られる。
(荷室)……★★
垂直にそびえるバックドアが壁のようだ。クルマ後方のスペースさえ許せば、雨の日の、荷物の積み降ろしに便利。開ければ、立派な雨よけになる。
荷室部分の床面最大幅は128cm。天井までの高さは120cm。奥行きは、わずか20cmから2m超まで、シートアレンジに依存する。大人数運搬時には、奥行きのなさを高さでカバーし、また左右分割スライド式のサードシートが、ラゲッジスペースの伸縮性に機動性をもたせる。なお、アルファードハイブリッドは、ニッケル水素バッテリーを、サードシートからフロントシート下に移すことで、ハイブリッドシステムによる荷室の浸食を防いだ。みごとな“カイゼン”である。


 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・アルファードハイブリッド 8人乗り 4WD(CVT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
2.4リッター直4(131ps、19.4kgm)と、THE-C用フロントユニット(モーター+CVT)を組み合わせたハイブリッドシステム。さらに必要に応じて後輪を駆動するリアモーターを装備、駆動方式としては「オンデマンド型4WD」を採る。
「モーターのみ」「エンジン+モーター」「エンジン+充電」といった動作モードの切り替えはまったく自然で、センターコンソールにあるディスプレイで「エネルギーモニター」を見ていないと、それと気づかないほど。2つの2トン超のミニバンとして、街なか、高速道路とも、過不足ない動力性能が得られる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
乗り心地は、2トン超のミニバンとして順当なレベル。ことさら感銘を受けるスムーズさや、フラット感はないけれど、終始安定した走りで、路面からの直接的な突き上げもよく抑えられる。アルファードは、もともとこのサイズのクルマとしては例外的に、コンパクトカーでよく使われる「トーションビーム式リアサスペンション」が使われる。もちろん、コストパフォーマンスに優れるためだ。アルファードハイブリッドで採用された、必要に応じて後輪を駆動する「E-Four用リアユニット(モーターほか)」は、小型で、左右後輪間に置きながら、半独立式の後ろ脚を継承できるメリットがある。

(写真=高橋信宏)

 

 

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年9月1日〜3日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:1308km
タイヤ:(前)205/65R16 95H/(後)同じ(いずれもグッドイヤー イーグルNCT5)
オプション装備:ツインムーンルーフ(10.5万円)/デュアルパワースライドドア(12.0万円)/SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ(8.5万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(5):山岳路(2)
テスト距離:285.9km
使用燃料:39.0リッター
参考燃費:7.3km/リッター

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る