ポルシェ、オペル【フランクフルトショー03】

2003.09.12 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】ポルシェ、オペル

【フランクフルトショー2003】ポルシェ、オペル

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上】:ポルシェ「911GT3RS」>
【写真下】:オペル「アストラ」

【フランクフルトショー2003】ポルシェ、オペル

■0-100km/h=4.4秒!

ポルシェ「911 GT3 RS」は、通称“ナナサンカレラ”と呼ばれた、ダックテイルの「カレラRS」を思わせるボディカラーを纏っう、2003年10月にも発売されるという「GT3」のライトウエイトモデル。381psのエンジンはGT3と同じだが、0-100km/hは4.4秒、最高速306km/hに達するという。GT3のスパルタン仕様「クラブスポーツバージョン」より軽く、ガソリン満タンでも1360kg(!)しかない。




【フランクフルトショー2003】ポルシェ、オペル

■質感が向上

ライバルであるVW「ゴルフ」と同時に発表されたオペルの主力モデル「アストラ」(市販モデル)。新型は、先代から一転、典型的な5ドアハッチバックスタイルに戻るとともに、スポーティでアグレッシブなデザインに生まれ変わった。インテリアも格段に質感が向上している。欧州では2004年春から発売予定で、いずれワゴンボディなど、バリエーションも広がるだろう。

(文と写真=NAVI中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。