F1、2004年カレンダー発表

2003.09.12 自動車ニュース

F1、2004年カレンダー発表

国際自動車連盟(FIA)は、2003年9月11日、2004年のF1カレンダーを発表した。今シーズンより1戦増えて全17戦で展開。オーストリアGP、カナダGPが落ちた一方、新たにバーレーンGPと中国GPが加わった。またタバコ広告規制の問題で2003年には開かれなかったベルギーGPが復活した。鈴鹿での日本GPは10月10日、第16戦となる。

■大がかりな変更

2004年のF1は、例年通りの“お決まりカレンダー”がシャッフルされ、新鮮なスケジュールとなった。
例年シーズン序盤に設定されたブラジルGPが、シーズンのフィナーレを飾る最終戦に移動した。中東地域初のF1開催となるバーレーンGPは、オーガナイザーの希望が叶い4月の第3戦。上海で行われる中国GPは9月の第15戦となり、日本GPとともに“極東2連戦”を形成する。
GPファン待望、スパ・フランコルシャンでのベルギーGPは、近年ではお馴染みの8月下旬開催。アメリカGPは9月から6月に、サンマリノGPは4月からやはり6月に移った。

ただし、バーレーンと中国はサーキット認証、ベルギーGPは問題となっていたタバコ広告規制の法律のクリア、フランスは契約締結が条件として残っている。

■F1世界選手権 2004年カレンダー

第1戦 3月7日 オーストラリアGP(メルボルン)
第2戦 3月21日 マレーシアGP(クアラルンプール)
第3戦 4月4日 バーレーンGP(バーレーン)
第4戦 4月25日 ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)
第5戦 5月9日 スペインGP(バルセロナ)
第6戦 5月23日 モナコGP(モンテカルロ)
第7戦 6月6日 サンマリノGP(イモラ)
第8戦 6月20日 アメリカGP(インディアナポリス)
第9戦 7月4日 イギリスGP(シルバーストーン)
第10戦 7月11日 フランスGP(マニクール)
第11戦 7月25日 ドイツGP(ホッケンハイム)
第12戦 8月15日 ハンガリーGP(ブタペスト)
第13戦 8月29日 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
第14戦 9月12日 イタリアGP(モンツァ)
第15戦 9月26日 中国GP(上海)
第16戦 10月10日 日本GP(鈴鹿)
第17戦 10月24日 ブラジルGP(サンパウロ)

(webCG 有吉)

F1、2004年カレンダー発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。