ランチア、フィアット【フランクフルトショー03】

2003.09.12 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上下】ランチア「フルビア・クーペ」

【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

■名車の復活(なるか?)

どのメーカーも過去の名声と栄光に頼ったクルマづくりをしている昨今だが、かつての名車が現代風に解釈されるとどうなるのかを見るのは、楽しみでもある。
このランチア「フルビア・クーペ」(コンセプトカー)も、1972年のモンテカルロラリーで優勝した「1.6HF」の現代版。非常にコンパクトで魅力的なクルマだ。アルミボディの採用などで、車重はたった990kg。可変バルブタイミング機構付きの1.8リッターエンジンは140bhpで最高速は213km/hだ。ぜひとも市販してもらいたい。


フィアット「パンダ」

【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

■パンダのピンチ!?

当初「ジンゴ」と名乗る予定だったフィアットの小型車「パンダ」の後継モデルは、結局その名を引き継ぐことになった。先代マツダ「デミオ」にも似たデザインはインパクトに欠き、日本車、韓国車を含めたこのクラスでは、相当厳しい戦いを強いられることになりそうだ。


フィアット「パンダ」

【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

フィアット「イデア」

【フランクフルトショー2003】ランチア、フィアット

■日本車のレベルを実感

フィアット「イデア」(市販モデル)は、日本でいえば、日産「キューブ」やトヨタ「スパシオ」にあたるマルチパーパスビークル。欧州モデルでは、オペル「メリーヴァ」などがライバルにあたる。ボディカラーやインテリアなどでは、さすがイタ車らしさが光るが、トータルで見れば、キューブやホンダ「モビリオ」のほうがはるかにセンセーショナルであり、使い勝手にも優れているように見える。このクラスの日本車のレベルの高さを、あらためて認識させられた。

(文と写真=NAVI中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。