ダイハツ、マツダ【フランクフルトショー03】

2003.09.11 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】ダイハツ、マツダ

【フランクフルトショー2003】ダイハツ、マツダ

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上】:ダイハツ「ai」
【写真下】:マツダ「Kusabi」

【フランクフルトショー2003】ダイハツ、マツダ

■2+2コミューター

ダイハツ「ai」(コンセプトカー)は、2+2の新しいシティコミューターの提案で、3気筒の660ccガソリンエンジンのほかに2気筒2サイクルの660ccディーゼルエンジン、リッターあたり42kmを誇るエンジンなどを搭載する。いずれも3段ATが組み合わされる。

■デミオベースのスポーツモデル

「Kusabi」は、ドイツで強さを発揮するマツダが、欧州市場全体を睨んで「デミオ」をべースに開発したコンセプトカー。新しいスポーツモデルのデザインと銘打たれる。コンパクトな1.6リッターコモンレールディーゼルエンジンを搭載。通常のハッチバックに加え、ガルウィングのように左右に開くこともできるツインリフト・ハッチバックシステムも用意する。

(文と写真=NAVI中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。