トヨタ【フランクフルトショー03】

2003.09.11 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】トヨタ

【フランクフルトショー2003】トヨタ

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上下】トヨタのコンセプトカー「CS&S」。エコのみならず走りもセリングポイントとした新型「プリウス」の延長線上にあるような、ハイブリッド・スポーツだ。

【フランクフルトショー2003】トヨタ

■スポーツ・ハイブリッドの可能性

トヨタが出した「CS&S(Compact Sports & Speciality)」(コンセプトカー)は、「セリカ」と「MR2(日本名MR-S)」の間に位置するという2+2のコンパクトスポーツカー。フロントを電気モーター、リアを1.5リッターガソリンエンジンで走らせる、四駆のハイブリッド。デザインは欧州のデザインスタジオED2が担当した。
セダン、ミニバン、バス、トラックと、続々とハイブリッドカーをラインナップに加えるトヨタ。スポーティモデルへの搭載も近いか?


トヨタ 「アベンシス・ヴァーソ」

【フランクフルトショー2003】トヨタ

■欧州版イプサム

トヨタ 「アベンシス・ヴァーソ」(市販モデル)は、2004年モデルでフロントマスクが変わった欧州仕様の「イプサム」。トピックは116hpの2リッターD-4ディーゼルエンジンの搭載だろう。いずれは日本仕様もこの顔を採用することになるだろう。

(文と写真=NAVI中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。