シトロエン、オペル【フランクフルトショー03】

2003.09.11 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】シトロエン、オペル

【フランクフルトショー2003】シトロエン、オペル

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上】:シトロエン「C2 VTS」
【写真下】:オペル「INSIGNIA」

【フランクフルトショー2003】シトロエン、オペル

■サクソの後を継ぐホットハッチ

シトロエン「C2 VTS」は、コンパクトハッチ「サクソ」の後継モデル。PSAグループのプジョー「106」&「206」の後継車種、「C3」とは兄弟車の関係になる。日本には、C3と同じ1.4リッターと1.6リッターエンジンに、2ペダル5MT「センソドライブ」が組み合わされたスポーティグレード「VTS」を、2004年4月に導入予定。価格は、1.4リッターモデルが200万円を切る模様だ。

■オペルの次のフラッグシップか?

オペル「INSIGNIA」(コンセプトカー)は、次期「オメガ」を示唆するといわれる、Lサイズの5ドアハッチバックモデル。全長×全幅×全高およそ4800×1900×1400mm、ホイールベース2900mmのボディに、344psを発するV8エンジンを搭載、後輪を駆動する。最高速はリミッターが作動する250km/h、0-100km/hは6秒を下まわる動力性能が謳われる。

(文と写真=NAVI 中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。