スバル【フランクフルトショー03】

2003.09.11 自動車ニュース
【フランクフルトショー2003】スバル

【フランクフルトショー2003】スバル

2003年9月9日のプレスデイで幕をあけた「フランクフルト国際自動車ショー」。現地から、各社注目のモデルを、『NAVI』編集部の中村昌弘が報告する。


【写真上】スバル「アウトバック」、日本では「ランカスター」で売られていたもの
【写真下】スバル「レガシィ」の3リッターモデル

【フランクフルトショー2003】スバル

■日本でも出たばかり

いよいよ登場した3リッター水平対向6気筒エンジン搭載のスバル「レガシィ」(市販モデル)。わが国では今月発売されたばかりだ。アウトプットは最高出力245ps/6600rpm、最大トルク30.3kgm/4200rpmと記される。ジマンの4WDシステム「Symmetrical AWD」と、マニュアルモードを備えた新型5段ATを組み合わせる。
「アウトバック」とは日本での「ランカスター」のこと。レガシィの車高を上げたSUVバージョンである。


スバル「G3Xジャスティ」

【フランクフルトショー2003】スバル

■スバルのスズキ

スバル「G3Xジャスティ」(市販モデル)は、同じGMグループのスズキからOEM供給されることになった新型車。これまで欧州ではかつての「カルタス」が売られていたことを考えると格段の進化となる。「クルーズ」(「スイフト」あるいはその欧州版「イグニス」)そのものだが、スバルらしく台形グリル、AWD(四輪駆動)を採用し差別化を図った。日本市場での発売にも期待したい。

(文と写真=NAVI中村昌弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。