【スペック】全長×全幅×全高=3870×1680×1550mm/ホイールベース=2500mm/車重=1030kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/4250rpm)車両本体価格=114.5万円(テスト車=140.8万円)

三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】

三菱コルト カジュアルバージョン(CVT) 2003.09.10 試乗記 ……140.8万円総合評価……★★★三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。
自動車ジャーナリストの森口将之氏。

「まじめ」というより「おっとり」

前が長い。久しぶりにコルトに乗って再発見したことのひとつがこれだった。ダッシュボードの奥行きがミニバン並みに長いこともあるが、それ以上に、自分と前輪との距離を感じる。ステアリングを切っても、コンパクトカーらしいキビキビ感がほとんどないのは、この位置関係によるところも大きい。キャビンのクオリティはけっこう高く、緻密な雰囲気を感じさせておきながら、走り出せばひたすらおっとりモード。一方、そのぶんイタズラをしようという気は起きない。「これが日本とドイツが考える“まじめ”なのか」と、ほかの国のクルマを愛する自分は傍観者のように見てしまった。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ミラージュの生産中止以来空席となっていた三菱の1.3〜1.5リッタークラスに、かつてのペットネームをリバイバル。2002年にデビューしたコンパクトカーが「コルト」である。
プラットフォームは今後、親会社ダイムラー・クライスラーの同クラス車に流用される予定だという。2ボックスというより“モノボックス”に近いボディは5ドアハッチバックのみ。直列4気筒エンジンは1.3リッターと1.5リッターで、トランスミッションはCVTのみとなる。駆動方式は2WD(前輪駆動)と4WDの2種類。
(グレード概要)
コルトのグレード構成は、普通のクルマとすこし違う。「カスタマーフリーチョイス」と名づけられたセミオーダーシステムにより、エンジン(1.3リッターor1.5リッター)、内装色(クールorウォーム)、シート形状(セパレートorベンチ)などが自由に選べるのだ。ちなみに、「エレガンスバージョン」「カジュアルバージョン」「スポーツXバージョン」という、3つの推奨グレードが用意される。試乗車はカジュアルバージョン。グレー基調のクール内装をもつ、1.3リッターの2WDモデルだった。





写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
まず気づくのは仕上げのよさ。国産コンパクトカーではトップレベルだろう。無駄な凹凸がない滑らかなダッシュボードのデザインも、その印象を盛り上げる。それに対して、ステアリングやコラムシフトのレバーは武骨。ドイツ資本が入った影響を思わせるが、操作感はいい。スイッチの位置や角度はよく考え抜かれていて、感動的に(!)扱いやすかった。
(前席)……★★★
このクラスの国産車としてはサイズが大きめ。座り心地は最近のクルマとしてはソフトで優しい。ただし座面はクッションが薄いので、快適性は今ひとつだった。形状は平板で、サポート性もほどほどというレベル。背もたれについては不満はなかった。
(後席)……★★★★
ヒップポイントが高めで、足を下に伸ばした疲れにくい姿勢がとれるし、見晴らしもいい。背もたれの角度が立ちぎみなのも好印象。ただし、座面の厚みはそれほどではない。スペースは、身長176cmのドライバーの後ろに、170cmの人間が座った状態で、ひざ前に10cm、頭上に5cmほど余裕が残る。
(荷室)……★★★★★
国産コンパクトカーとしてはフロアが低く、サスペンションの出っ張りは小さい。リアゲートの開口部も大きいなど、なかなか使いやすそうだ。リアシートは背もたれを前に倒したあと、全体を持ち上げて折り畳むことができる。ライトバンのようなシートアレンジだが、おかげで低いフロアをそのまま活かせる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
エンジンは特徴のない、ごく普通のユニット。ことさら吹け上がりが鋭くもなく、音が心地よくもない。しかし、必要な仕事はこなすし、クラスを考えれば静かだといえる。動力性能は、1.3リッターで十分と感じた。CVTはアクセルを大きく踏み込んだとき、回転の上がりが多めだが、発進停止はスムーズにこなす。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ひとことでいって、とても“おっとり”している。乗り心地は段差などのショックを伝えがちだが、それ以外はマイルドだ。最近のコンパクトカーのなかでは、ソフトなほうだといえる。後席はさらにショックが目立つが、基本的に似たフィーリングだった。コーナーでのロールは思ったほどではない。挙動変化もすくないが、ステアリングの反応は、サイズを考えればかなりゆったりしている。コンパクトカーらしいキビキビ感を望むと裏切られるが、のんびりと長距離をこなすときにはいい相棒になってくれそうだ。

(写真=峰昌宏)



【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2003年8月7日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:8128km
タイヤ:(前)175/65R14 82S(後)同じ(いずれもヨコハマ ASPEC)
オプション装備:14インチアルミホイール7本スポークタ(5.0万円)/ACパワーサプライ(1.5万円)/タコメーター(1.0万円)/DVDナビゲーションシステム(18.8万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(3):山岳路(4)
テスト距離:297km
使用燃料:27.0リッター
参考燃費:11.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


ホームへ戻る