WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)【WRC 03】

2003.09.08 自動車ニュース
WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

【WRC 03】WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

2003年9月4日から7日まで開催された、世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・オーストラリア。モータースポーツジャーナリスト、古賀敬介による現地リポート3回目は、第2レグの模様、待望のWRC日本ラウンド情報などについてお伝えする。




WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

■羨ましい「ラリーヴィレッジ」

WRC第10戦ラリー・オーストラリアは、土曜日の早朝に第2レグがスタートした。パースの東に位置する森林地帯がメイン。SSの数は全部で10本、1日合計で124kmの距離を全開アタックする。そして、移動区間を含めた総走行距離は約515kmにものぼるという長い1日の始まりだ。

ラリー・オーストラリアは昔からコース設定の巧みさに定評があり、SS同士がとても接近しているのが特長。場所によっては2本のSSが背中合わせになっており、一個所にいれば同時に2本のSSを見物できるところもある。同じコースを少し時間をおいて2回走るので、朝から夕方までいれば全部で4本のSSを見られるということになる。入場料は大人1人分で約1600円。1日中楽しめてこの値段はかなり安いと思う。




WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

その観戦エリアには「ラリーヴィレッジ」という名前が付けられており、ラリーの模様は地元FM局がライブ放送、SSが終わるとリザルトがタダで配られる。森のなかではあるが売店やトイレも完備されており、観客は森林浴をしながら日がな一日のんびりとラリーを楽しめるという仕組み。WRCを一度として開催したことのない日本のファンにとっては、まったくもって羨ましい限りである。

■待望のWRC日本戦、ほぼ決定!

しかし、日本でも来年の9月にWRCが開催されることがほぼ決定的となった。今回、オーストラリアはこの話題でもちきり。数多くの外国人ジャーナリストやドライバーから「日本はどんな国なんだい」と質問攻めにあうほど。現在WRCは年間14戦を戦っているが、これにメキシコと日本が加わり全部で16戦に拡大しそうだ。参考までに、国際自動車連盟(FIA)からのカレンダー提案を下に記しておこう。




WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

●2004 WRCカレンダー(FIA提案)
第1戦モンテカルロ……1月23〜25日
第2戦スウェーデン……2月6〜8日
第3戦メキシコ……3月11〜14日
第4戦アルゼンチン……4月30日〜5月2日
第5戦キプロス……5月14〜16日
第6戦ギリシア……5月28〜30日
第7戦トルコ……6月24〜27日
第8戦ニュージーランド……7月15〜18日
第9戦フィンランド……8月5〜8日
第10戦ドイツ……8月18〜20日
第11戦日本……9月2〜5日
第12戦イギリス……9月16〜19日
第13戦イタリア……9月30日〜10月3日
第14戦コルシカ……10月14〜17日
第15戦スペイン……10月28〜31日
第16戦オーストラリア……11月11〜14日

まだ正式決定したわけではないが、9月に第11戦として日本の名前が入っている。場所は、北海道は帯広になるはずだ。いよいよ日本でもWRCが開催される! そう考えるとなんだか感慨深い気持ちになる。

北海道は数年前から国際ラリーを実行するなど、着々と準備を進めてきた。去年はアジア・パシフィック・ラリー選手権のステータスを得て、次はWRCというムードが高まっていたのは事実。それにしても、こんなにも早く実現しそうだとは……。

観戦を予定している北海道外のファンは、早めに飛行機と宿泊施設を確保しておいたほうが良いかもしれない。日本からだけでなく、世界中から関係者やファンが大挙して帯広を訪れるのだから。飛行機にしろ宿泊施設にしろ、絶対的なキャパが小さいのがちょっと気にかかるところではある。
ちなみに僕は、オーストラリアから帰国したら、すぐにそのラリー北海道へと取材に出かける。ちょっとワクワクしてきた。




WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

■限界ギリギリのコーナリング

話をオーストラリアに戻そう。ラリーはシトロエンのセバスチャン・ロウブがトップを走り、スバルのペター・ソルベルグがそれを僅差で追うという展開がずっと続いている。どちらも一歩も譲らず、凄まじいばかりのアタック合戦を繰り広げている。彼らの走りは気迫に満ちあふれており、全盛期のマクレーvsマキネンを彷彿とさせる。タイトロープを渡るような、限界ギリギリのコーナリングは、見ているこちらが緊張でおかしくなりそうだ。




WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

そのふたりを追うのが2001年のチャンピオン、リチャード・バーンズ。スバルからプジョーに移籍して2シーズン。まだ1勝もしていないが、地道にポイントを稼いで現在チャンピオンシップをリード。クレバーというか、適度に速いというか不思議な存在だ。そういえばバーンズは、2001年にチャンピオンを獲ったときもわずか1勝しかしなかった。そのバーンズが、来シーズンは古巣スバルへと移籍することが発表になった。引退するトミ・マキネンのかわりにソルベルグとペアを組むことになる。

若手が台頭しベテランが去っていく。WRCは今年、ハッキリと世代交代が進んだ。オールドファンとしてはどこか寂しい気もするが、ニューヒーローの誕生は嬉しい限りである。


セバスチャン・ロウブ(右)とペター・ソルベルグ。世代交代が著しい2003年に活躍する、若手ドライバーたち。

WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その3)

レグ2最後のステージは、再びパース市内でのスーパーSS。今日は2回連続で行なわれ、フォードのマルコ・マルティンが2本ともトップタイムをマークした。総合順位ではロウブが1位、それを5秒差でソルベルグが追い、そのふたりから大きく離れてバーンズとマルティンが続いている。さあ残すはラリー最終日。SSはあと4本、計117km。名物のジャンプやウォータースプラッシュが用意される名物ステージが連続する。最終決戦の模様は、また明日お伝えしよう。

(文と写真=古賀敬介)

・WRC第10戦ラリー・オーストラリア報告(その2)
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013909.html
・WRC第10戦ラリー・オーストラリア速報
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013902.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。