アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

2003.09.08 自動車ニュース

アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」シリーズ、アッパーミドルサルーン「A6」シリーズ、さらにA6のスポーティスペシャル「S6」の装備などを一部変更。同時にグレードの見直しなども行い、2003年9月1日から新ラインナップで販売を開始した。

■A4にスポーティグレード追加

「A4」の一部改良では、2003年6月から設定された、エアロパーツやスポーツサスペンションが備わるスポーティグレード「S-line」が、ほかのグレードに拡大した。S-lineが加わるのは、「A4 3.0クワトロ S-line」「A4アバント2.0 S-line」「A4アバント1.8Tクワトロ S-line」「A4アバント3.0クワトロ S-line」の4モデルだ。

さらに、一部グレードの装備変更も行われた。「マルチトロニックトランスミッション」ことCVT搭載モデルは、「D」レンジに加えて「S」(スポーツ)モードを追加。さらに「A4 2.4 SE」「A4 3.0クワトロSE」「A4 3.0クワトロ S-line」のセダン・アバントの両モデルに、DVDナビなどを含むMMS(マルチメディアステーション)とCDチェンジャーを標準装備した。ベーシックな「A4 2.0」をのぞく全車に、オートライト機能や、乗降時にルームライトが自動的に点灯する「カミングホーム/リービングホームライト」機能を付与。ボディカラー全9色中、6色が入れ替えられたことも新しい。

■A6はフルカラードバンパーに

「A6セダン/アバント」は、全モデルの装備が変更された。
外観は、ボディ同色バンパーの採用がニュース。装備面では、自動防眩ルームミラー、ヒーター付き自動防眩ドアミラーが全車標準となり、一部グレードではバイキセノンヘッドライトの追加装備や、アルミホイールデザインの変更なども施されている。

ラインナップも一部変更。スポーティな「S-line」を、「2.7Tクワトロ S-line」と「アバント 3.0クワトロ S-line」に拡大採用したほか、「2.7Tクワトロ」を廃止した。
スポーティスペシャル「S6」は、Sシリーズの上を行く高性能モデル「RS6」と同じ、リアスポイラーとステアリングパドルスイッチを採用。加えて、ボディカラーの「ミングブルーパールエフェクト」に替わり、「ナイトブルーパールエフェクト」に変更した。

各装備変更の詳細や価格などは、アウディホームページ参照のこと。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ「A4」「A6/S6」の装備を一部変更の画像
「A6アバント 3.0クワトロ」

 
「A6アバント 3.0クワトロ」
	
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る