【スペック】全長×全幅×全高=4300×1815×1790mm/ホイールベース=2575mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5500rpm、22.2kgm/4500rpm)/車両本体価格=259.0万円(テスト車=290.5万円)

ホンダ・エレメント(4AT)【ブリーフテスト】

ホンダ・エレメント(4AT) 2003.09.04 試乗記 ……290.5万円総合評価……★★★海岸に建てられた「ライフガードステーション(監視台)」をモチーフに、アメリカで開発、生産される「ホンダ・エレメント」。両側観音開きのドアをもつ“遊び”グルマに、笹目二朗が乗った。
自動車ジャーナリストの笹目二朗氏

ホンダ・エレメント(4AT)【ブリーフテスト】

ファンカーに覗く理性

コンセプトはなかなか面白い。ホンダの「S-MX」や「CR-V」とも違う、独自のオリジナル性が感じられるし、新しい試みも随所にみられる。けっして地味なわけでもない。
しかし個人的には、何故か「欲しい」と思わせる魅力がすくない。つまり、食材は豊富にして豪華ながら、料理法が下手というか、味付けがマズいので損をしているようなのだ。

はなはだ無責任な書き方をさせていただくと、エンジンパワーが不足しているわけでもないのに、たとえば3リッターV6を載せてしまうとか、何かに特化したモデルでスタートし、需要が増したところで廉価版を出すなど、もっとエネルギッシュな展開をする方が“アメリカン”らしいと思う。そのほうが、“輸入車”としての魅力も増すだろうし。
エレメントは、単なる実用車ではないのだから、一種の“ファンカー”としての要素をもっと強調すると面白い。なのに、どこかで理性が顔を覗かせ、消極策になってしまったような気がする。



ホンダ・エレメント(4AT)【ブリーフテスト】

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
アメリカで企画・開発・生産され、日本国内へは2003年4月から輸入販売された、“純輸入”ホンダ車。両サイドともセンターピラーのない観音開きドアが大きな特徴である。室内は2列シートの5人乗り。リアシートは左右に分割跳ね上げでき、荷室の床は低くフラット。床はもちろん、シートも防水加工が施される。
エンジンは北米版「アコード」と同じ、2.4リッター直列4気筒DOHC「i-VTEC」(160PS)を搭載。トランスミッションは、インパネシフトの4段ATが組み合わされる。駆動方式はデュアルポンプ式リアルタイム4WDのみ。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット/コイル、リアはダブルウィッシュボーン/コイルで、前後とも独立式だ。
(グレード概要)
日本で販売されるエレメントはモノグレード。北米におけるトップグレードとほぼ同じ内容で、オーディオやオートエアコン、電動格納式リモコンドアミラーなど、快適装備を標準装備する。
ボディーカラーは、太陽や海など自然をモチーフにした全5色を設定。インテリアは、ブラック&グレー、グレー&ブルー、グレー&グリーンの3種類が用意される。



ホンダ・エレメント(4AT)【ブリーフテスト】の画像
シートはフルフラットにもできる。しかし、もし寝るならば、リアシートを跳ね上げ、完全にフラットな床にマットでもひいて寝るほうがいいだろう。ちなみに、リアシートは280mmのスライド機構を備える。

シートはフルフラットにもできる。しかし、もし寝るならば、リアシートを跳ね上げ、完全にフラットな床にマットでもひいて寝るほうがいいだろう。ちなみに、リアシートは280mmのスライド機構を備える。
ガバっと開くリアゲート。幅約110cm、奥行き約73cm、天井までの高さは130cm弱ある。下側のゲートは奥行き53cmあり、腰かけるには十分なサイズ。

ガバっと開くリアゲート。幅約110cm、奥行き約73cm、天井までの高さは130cm弱ある。下側のゲートは奥行き53cmあり、腰かけるには十分なサイズ。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
実用に徹するのか、遊びに振るのか、どっちつかずの感あり。キャストは豪華にして充分な陣容ながら、監督の采配が発揮されていない映画のようだ。ATのインパネシフトは便利で実用性も高いが、位置や操作角度に今一つ工夫が欲しいところ。収納スペースや棚なども、単なるデザイン的な処理ではなく、目的遂行を実現させるのが先決である。要するに、イマイチ使い勝手が悪い。
(前席)……★★★
シートはサイズこそタップリしているが、見た目通り平板でホールド感は不足ぎみ。表皮は防水仕様で、濡れた水着のままでも乗れそうな気安さがある。四角張ったボディ形状ゆえ、空間的な環境は良好だ。ただし、Aピラー付け根とドアミラー周辺の視界確保は課題を残す。インパネシフトだから、横方向へのウォークスルーも簡単。目的に適った買い物と思える人には4つ星か。
(後席)……★★★★
このクルマのセールスポイントの一つ、観音開きドアは確かに乗降性にすぐれる。長尺物の積みおろしにも便利だろう。室内高があるので、立ったままのウォークスルーも可能。前後ドアの閉める順番(後が先)にまつわる誤操作対策も考えられ、間違ってもドアが「ボヨ〜ン」と跳ね返るだけ。リアシートは、フラットにしてから左右に跳ね上げることができる。シートの置き場所は難しい問題だが、無難な処理で解決した。座り心地は、独立した専用品だけにゆったりしている。
(荷室)……★★★★
床面積は外観から想像されるほど広くはない。しかし、天地方向の余裕があるため、かなりの量が積めそうだ。バイクや自転車などを運ぶには最適か。上下2枚に分割されるリアハッチゲートは、つくりもヘビーデューティで、下側のゲートは、一旦載せてから押し入れるような重量物の積み込みに耐える。ビニール敷ゆえ、汚れ物を積んだあとの掃除も楽。スペアタイアは棚板の下(室内)にあるが、積車時のパンクを考えると床下の方がよさそう。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
2.4リッターにしてはトルク感が薄いが、1.5トンを超す重量を考えると納得。加速は苦手でも、クルーズに移ればちょっとした登り坂もなんのその。4WDはまったく意識できなかったが、砂利の上など不整地での発進も、無用なホイールスピンに驚かされなくてすむ。ATはややスリップ感大きいが、シフトチェンジする際の繋がりはスムーズ。もっとワイドレシオな方がよりアメリカンだが、日本での使い勝手はこちらのほうがいいだろう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
やや硬めのセッティングは、積車時を想定するとある程度やむなし。1〜2名の軽荷重で乗る時には、タイア空気圧を下げてしのげる範囲だろう。ただし、速度を上げるとかなり改善され、短いホイールベースのわりにはピッチングがすくなく、おおむね快適だ。操縦安定性もトラック的ではあるが、ロールの不安もなくワインディングでもハイペースで走れた。

(写真=清水健太)



ホンダ・エレメント(4AT)【ブリーフテスト】

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2003年7月24日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:4511km
タイヤ:(前)215/70R16(後)同じ(いずれもグッドイヤー ラングラー HP)
オプション装備:デュアルサイズDVDナビコンボ=28.0万円/シートバックバンジーコード=0.5万円/ハロゲンフォグライト=3.0万円
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(3):山岳路(4)
テスト距離:398.1km
使用燃料:57.4リッター
参考燃費:6.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る