アストンマーチン「DB9」をフランクフルトショーで発表

2003.09.03 自動車ニュース
 

アストンマーチン「DB9」をフランクフルトショーで発表

アストンマーチンは、2003年9月に開催される「フランクフルトモーターショー」で、DBシリーズの最新モデル「DB9」を発表する。



 

アストンマーチン最新の2+2クーペ「DB9」は、2003年で生産が終了する「DB7」の後を継ぐモデル。「VHプラットフォーム」(Vertical/Horizontal=水平垂直)と呼ばれる新しいアルミフレームを、同社の量産モデルで初採用。「今後アストンマーチンがリリースするクルマの方向性を反映したモデル」と謳われる。英国ゲイドンに新設された工場で、1台あたり200時間以上かけてつくられるという。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4697×1875×1318mm、ホイールベースは2740mm。2003年のデトロイトショーで発表された、VHプラットフォームを使うV8モデル「AMV8ヴァンキッシュ」(4347×1871×1298mm、2600mm)より、ひとまわり大きい。



 

エンジンは、450bps/6000rpmの最高出力と58.1kgm/5000rpmの最大トルクを発する、5935ccのV型12気筒。6段MT、または6段ATを介して後輪を駆動する。0-100km/hを4.9秒(MT、ATは5.1秒)、最高速度は300km/hに達するという。サスペンションは、前後ともダブルウィッシュボーン式。ブレーキはブレンボ製4ポッドモノブロックキャリパーに、フロントが355mm、リアは330mm径のベンチレーテッドディスクを装着。ABSやEBDはもちろん、トラクションコントロールや緊急ブレーキアシスト、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)などの電子デバイスが備わる。
ラクシャリーカーにふさわしく、インテリアはフルレザー。装備品として、電動調節式フロントシートやエアコン、英国の名門オーディオメーカー「Linn」製6連奏CDチェンジャーなどを装備する。

DB9は、2004年の春から生産が始まる予定。価格などの詳細は、まだ発表されていない。

(webCGオオサワ)

アストンマーチン:http://www.astonmartin.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加 2017.6.29 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、「DB11」に4リッターV8ツインターボエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)の動力性能を誇る。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る