アストンマーチン「DB9」をフランクフルトショーで発表

2003.09.03 自動車ニュース
 

アストンマーチン「DB9」をフランクフルトショーで発表

アストンマーチンは、2003年9月に開催される「フランクフルトモーターショー」で、DBシリーズの最新モデル「DB9」を発表する。



 

アストンマーチン最新の2+2クーペ「DB9」は、2003年で生産が終了する「DB7」の後を継ぐモデル。「VHプラットフォーム」(Vertical/Horizontal=水平垂直)と呼ばれる新しいアルミフレームを、同社の量産モデルで初採用。「今後アストンマーチンがリリースするクルマの方向性を反映したモデル」と謳われる。英国ゲイドンに新設された工場で、1台あたり200時間以上かけてつくられるという。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4697×1875×1318mm、ホイールベースは2740mm。2003年のデトロイトショーで発表された、VHプラットフォームを使うV8モデル「AMV8ヴァンキッシュ」(4347×1871×1298mm、2600mm)より、ひとまわり大きい。



 

エンジンは、450bps/6000rpmの最高出力と58.1kgm/5000rpmの最大トルクを発する、5935ccのV型12気筒。6段MT、または6段ATを介して後輪を駆動する。0-100km/hを4.9秒(MT、ATは5.1秒)、最高速度は300km/hに達するという。サスペンションは、前後ともダブルウィッシュボーン式。ブレーキはブレンボ製4ポッドモノブロックキャリパーに、フロントが355mm、リアは330mm径のベンチレーテッドディスクを装着。ABSやEBDはもちろん、トラクションコントロールや緊急ブレーキアシスト、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)などの電子デバイスが備わる。
ラクシャリーカーにふさわしく、インテリアはフルレザー。装備品として、電動調節式フロントシートやエアコン、英国の名門オーディオメーカー「Linn」製6連奏CDチェンジャーなどを装備する。

DB9は、2004年の春から生産が始まる予定。価格などの詳細は、まだ発表されていない。

(webCGオオサワ)

アストンマーチン:http://www.astonmartin.com/

関連キーワード:
DB9アストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る