アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加

2003.09.03 自動車ニュース

アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加

アウディジャパンは、4シーター2ドアクーペ「TTクーペ」に、3.2リッターV6を積む「TTクーペ 3.2クワトロ S-Line」を追加設定。2003年9月1日から販売を開始した。新開発のシーケンシャルトランスミッション「DSG」(ダイレクトシフトギアボックス)が搭載される。

1.8リッターターボエンジンを積む「1.8T」のみのラインナップだった「TTクーペ」に、3.2リッターモデルが加わった。搭載されるのは、3.2リッターV6DOHC(250ps、32.6kgm)で、新型「A3」のトップグレードと同じユニットである。トピックは、「DSG(ダイレクトシフトギアボックス)」と呼ばれる、新開発のシーケンシャルトランスミッションだ。
DSGは、2枚のクラッチ板を備えた2ペダル6段MT。クラッチ板はそれぞれ、1、3、5速用と、2、4、6速用にわかれており、変速時に切り替えてシフトする。MTとATの利点を兼ね備え、流体クラッチによるロスがないため、燃費にも貢献するという。
足まわりは、サスペンションセッティングを3.2リッター用にリファイン。前後スタビライザーの径拡大や、「A4」のスペシャルモデル「RS4」と同じ、17インチデュアルピストンブレーキシステムなどを採用した。

日本市場に導入されるのは右ハンドル仕様のみ。価格は535.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

【関連リンク】
アウディTTクーペ3.2クワトロ(6MT)【海外試乗記】http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012827.html

 
アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加の画像

関連キーワード:
TTクーペアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> そのクルマの真の姿を知りたければグランドツーリングに出てみるといい。優雅なだけでなく、高い実用性をも備えた「アウディA5スポーツバック」は、もっと雄弁にアウディの実力を知らしめてくるはずだから。美しさは機能に従うのだ、と言わんばかりに!
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る