アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加

2003.09.03 自動車ニュース

アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加

アウディジャパンは、4シーター2ドアクーペ「TTクーペ」に、3.2リッターV6を積む「TTクーペ 3.2クワトロ S-Line」を追加設定。2003年9月1日から販売を開始した。新開発のシーケンシャルトランスミッション「DSG」(ダイレクトシフトギアボックス)が搭載される。

1.8リッターターボエンジンを積む「1.8T」のみのラインナップだった「TTクーペ」に、3.2リッターモデルが加わった。搭載されるのは、3.2リッターV6DOHC(250ps、32.6kgm)で、新型「A3」のトップグレードと同じユニットである。トピックは、「DSG(ダイレクトシフトギアボックス)」と呼ばれる、新開発のシーケンシャルトランスミッションだ。
DSGは、2枚のクラッチ板を備えた2ペダル6段MT。クラッチ板はそれぞれ、1、3、5速用と、2、4、6速用にわかれており、変速時に切り替えてシフトする。MTとATの利点を兼ね備え、流体クラッチによるロスがないため、燃費にも貢献するという。
足まわりは、サスペンションセッティングを3.2リッター用にリファイン。前後スタビライザーの径拡大や、「A4」のスペシャルモデル「RS4」と同じ、17インチデュアルピストンブレーキシステムなどを採用した。

日本市場に導入されるのは右ハンドル仕様のみ。価格は535.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

【関連リンク】
アウディTTクーペ3.2クワトロ(6MT)【海外試乗記】http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012827.html

 
アウディ「TTクーペ」に3.2V6+DSG仕様追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る