三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

2003.09.01 自動車ニュース

三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

三菱自動車は、日産自動車に軽商用車をOEM供給する契約を正式に締結したことを、2003年8月29日に発表した。

日産にOEM供給されるのは、三菱「ミニキャブ」トラックとバン。台数は、年間約2万台と発表された。
日産は2002年4月から、スズキ「MRワゴン」のOEMモデル「モコ」で、軽自動車市場に参入したが、軽商用車は今回が初めて。軽自動車市場は、日本の自動車市場の約30%。軽商用車はその約30%といわれる。
日産は、商品ラインナップの拡充により、新たな顧客層の拡大に期待。三菱は、量産効果が高まることで、生産性向上を図ることができるとしている。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給の画像

関連キーワード:
ミニキャブ トラック三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • 三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ 2014.2.27 自動車ニュース 三菱が新型の「ミニキャブ」シリーズと「タウンボックス」の販売を開始した。
  • 往年の人気色をまとう「フィアット500」限定発売 2018.6.19 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月16日、「フィアット500」の限定車「Anniversario(アニベルサリオ)」を、台数400台の限定で発売した。1950年代の人気色を現代風にアレンジした、2種類の専用ボディーカラーが特徴となっている。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • スマート誕生20周年を記念した特別仕様車発売 2018.6.15 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年6月15日、スマートのハイパフォーマンスモデル「BRABUS」に特別仕様車「signature style edition(シグネチャースタイルエディション)」を設定し、50台の台数限定で発売した。
ホームへ戻る