三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

2003.09.01 自動車ニュース

三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

三菱自動車は、日産自動車に軽商用車をOEM供給する契約を正式に締結したことを、2003年8月29日に発表した。

日産にOEM供給されるのは、三菱「ミニキャブ」トラックとバン。台数は、年間約2万台と発表された。
日産は2002年4月から、スズキ「MRワゴン」のOEMモデル「モコ」で、軽自動車市場に参入したが、軽商用車は今回が初めて。軽自動車市場は、日本の自動車市場の約30%。軽商用車はその約30%といわれる。
日産は、商品ラインナップの拡充により、新たな顧客層の拡大に期待。三菱は、量産効果が高まることで、生産性向上を図ることができるとしている。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良 2012.12.13 自動車ニュース 三菱自動車は2012年12月13日、軽商用車「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の仕様を一部変更し、販売を開始した。
  • 三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ 2014.2.27 自動車ニュース 三菱が新型の「ミニキャブ」シリーズと「タウンボックス」の販売を開始した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る