三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

2003.09.01 自動車ニュース

三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

三菱自動車は、日産自動車に軽商用車をOEM供給する契約を正式に締結したことを、2003年8月29日に発表した。

日産にOEM供給されるのは、三菱「ミニキャブ」トラックとバン。台数は、年間約2万台と発表された。
日産は2002年4月から、スズキ「MRワゴン」のOEMモデル「モコ」で、軽自動車市場に参入したが、軽商用車は今回が初めて。軽自動車市場は、日本の自動車市場の約30%。軽商用車はその約30%といわれる。
日産は、商品ラインナップの拡充により、新たな顧客層の拡大に期待。三菱は、量産効果が高まることで、生産性向上を図ることができるとしている。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ 2014.2.27 自動車ニュース 三菱が新型の「ミニキャブ」シリーズと「タウンボックス」の販売を開始した。
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
ホームへ戻る