三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

2003.09.01 自動車ニュース

三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給

三菱自動車は、日産自動車に軽商用車をOEM供給する契約を正式に締結したことを、2003年8月29日に発表した。

日産にOEM供給されるのは、三菱「ミニキャブ」トラックとバン。台数は、年間約2万台と発表された。
日産は2002年4月から、スズキ「MRワゴン」のOEMモデル「モコ」で、軽自動車市場に参入したが、軽商用車は今回が初めて。軽自動車市場は、日本の自動車市場の約30%。軽商用車はその約30%といわれる。
日産は、商品ラインナップの拡充により、新たな顧客層の拡大に期待。三菱は、量産効果が高まることで、生産性向上を図ることができるとしている。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
三菱自動車、日産自動車に軽商用車を供給の画像

関連キーワード:
ミニキャブ トラック三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • 日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート 2017.9.19 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。新型では強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システムの搭載など、全方位的な進化を遂げている。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
ホームへ戻る