トヨタ「クルーガー」をマイナーチェンジ

2003.09.01 自動車ニュース

トヨタ「クルーガー」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、トヨタビスタ店で販売するSUV「クルーガーV」にマイナーチェンジを施した。同時に、カローラ店で販売する「クルーガーL」を追加設定し、2003年8月28日から販売を開始した。

クルーガーは、「ハリアー」より一まわり大きいSUV。今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更や、格納式3列シートの設定などが行われた。従来、トヨタビスタ店のみで販売されていた「クルーガーV」に加え、トヨタカローラ店で販売する「クルーガーL」が追加されたこともニュース。ただし、VとLの仕様は変わらない。

マイナーチェンジでは、フロントグリル&バンパー、ヘッドランプなどの意匠を変更。インテリアは、ブラックを基調とするインパネを採用するなどして、スポーティ感を高めたという。
装備品として、格納式3列シートを新設定。最大7人乗りとなったほか、折り畳めば2列シート車と同じラゲッジスペースを実現し、使い勝手の向上が図られた。ほかに、盗難防止のエンジンイモビライザーや、テレマティクス「G-BOOK」対応ナビゲーションシステムなどが設定された。

機関面では、ショックアブソーバーを改良して操縦安定性や乗り心地を向上。3リッターV6エンジンには、5段ATを採用したことも新しい。環境性能は、全車「超ー低排出ガス」をパスした。

グレード体系も見直され、スポーツチューンドサスペンションや17インチタイヤ、HIDヘッドランプなどを装備する「S」グレードや、廉価版の“Xパッケージ”、運転席パワーシートなど上級装備の“Gグレード”を設定。価格は、230.0万(2.4リッター“Xパッケージ”2WD)から、328.0万(3リッター“Gパッケージ”4WD)まで。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

 
トヨタ「クルーガー」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
クルーガートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る