プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジ

2003.09.01 自動車ニュース
 

プジョー「406クーペ」をマイナーチェンジ

プジョージャポンは、ピニンファリーナデザインの流麗なボディをもつミディアムクーペ「406クーペ」をマイナーチェンジ。内外装と装備を一部変更し、2003年8月30日から販売を開始した。



 

変更が行われたのは、内外装と一部の装備のみ。機関面の変更はない。

エクステリアは、フロントバンパーを大型エアインテークを持つデザインに変更。フォグランプ形状を新しくした。さらに、16インチアロイホイールが5本スポークタイプの新デザインになったほか、盗難防止ホイールボルトを標準採用した。ボディ色には、新色「テンペスト」(内装コバルトブルーレザー、受注生産色)を追加したことも新しい。
インテリアは、ダッシュボードとステアリングを、シートカラーと同色のツートーンカラーに変更。センターパネルは光沢アルミ仕上げとなり、スポーティ感を高めたという。
装備面では、トランクルームにラゲッジネットが標準装備されたほか、エアコンに「活性炭入り花粉フィルター」を装着し、快適性の向上を図った。

価格は従来の5.0万円高い、右/左ハンドル(4AT)ともに465.0万円。

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

406セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る