プジョー206シリーズをマイナーチェンジ

2003.08.30 自動車ニュース
 

プジョー「206」シリーズをマイナーチェンジ

プジョージャポンは、コンパクトハッチ「206」シリーズ(3/5ドア、CC、SW)をマイナーチェンジ。内外装とオーディオ装備を一部変更し、2003年8月30日から販売を開始した。


【写真上】206 XS
【写真下】206 Style
 

今回のマイナーチェンジで、エクステリアは、フロントバンパーのエアインテークをハニカムタイプに変更。さらに、スポーティグレードに採用されていた、クリアレンズ4灯式フロントヘッドランプ、スポーツタイプリアバンパー、ボディ同色アウタードアハンドルなどを全車に採用した。ボディ同色バンパー/サイドモール装着(「Style」「XTプレミアム」を除く)、新デザインのテールライトユニットや、スチール製大型リアライオンエンブレムなども新しい。
インテリアは、インパネのソフトペイント仕上げや、インナードアハンドルのクローム化が施され、スポーティ&スタイリッシュ性を高めたという。

装備面では、全車のオーディオをFM/AM MDプレーヤーに一本化して標準搭載した。

価格は、従来比で最高で4.5万円の値上げとなり、「206 Style」(5MT)の168.5万円から「206CC S16」(5MT)の294.0万円まで。詳細は、プジョージャポン公式サイトを参照のこと。

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.30 試乗記 走行性能に磨きをかけたルノーのホットハッチ「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、レーシングドライバーの谷口信輝が筑波サーキットで試乗した。ライバル車との乗り比べを交え、走りの特徴を報告する。
ホームへ戻る