プジョー206シリーズをマイナーチェンジ

2003.08.30 自動車ニュース
 

プジョー「206」シリーズをマイナーチェンジ

プジョージャポンは、コンパクトハッチ「206」シリーズ(3/5ドア、CC、SW)をマイナーチェンジ。内外装とオーディオ装備を一部変更し、2003年8月30日から販売を開始した。


【写真上】206 XS
【写真下】206 Style
 

今回のマイナーチェンジで、エクステリアは、フロントバンパーのエアインテークをハニカムタイプに変更。さらに、スポーティグレードに採用されていた、クリアレンズ4灯式フロントヘッドランプ、スポーツタイプリアバンパー、ボディ同色アウタードアハンドルなどを全車に採用した。ボディ同色バンパー/サイドモール装着(「Style」「XTプレミアム」を除く)、新デザインのテールライトユニットや、スチール製大型リアライオンエンブレムなども新しい。
インテリアは、インパネのソフトペイント仕上げや、インナードアハンドルのクローム化が施され、スポーティ&スタイリッシュ性を高めたという。

装備面では、全車のオーディオをFM/AM MDプレーヤーに一本化して標準搭載した。

価格は、従来比で最高で4.5万円の値上げとなり、「206 Style」(5MT)の168.5万円から「206CC S16」(5MT)の294.0万円まで。詳細は、プジョージャポン公式サイトを参照のこと。

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る