ホンダ「アコードワゴン」にスポーティグレード追加

2003.08.30 自動車ニュース

ホンダ「アコードワゴン」にスポーティグレード追加

本田技研工業は、ステーションワゴンの「アコードワゴン」に、エアロパーツなどを付けたスポーティグレード「24Eスポーツパッケージ」を設定。2003年8月28日から販売を開始した。

スポーツパッケージは、従来、ハイパワーエンジン(200ps)を搭載する「24T」には存在したが、今回「24E」にも設定された。2.4リッター(160ps)エンジンを積む「24E」をベースに、専用装備として前後エアロフォルムバンパーやテールゲートスポイラーのエアロパーツを装着。ボディ同色サイドシルガーニッシュ、ハニカムメッシュタイプフロントグリル、フォグライト、プライバシーガラスが与えられた。ボディカラーは、専用色「ミラノレッド」を含む全5色。


価格は「24E」より17.0万円高く、236.0万円(FF)と258.0万円(4WD)となる。

(webCG 本諏訪)

ホンダ「アコードワゴン」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/accord-wagon/

 
ホンダ「アコードワゴン」にスポーティグレード追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.12.24 試乗記 ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)
    ……411万5000円/362万7750円

    1976年の初代誕生から30余年。ホンダの世界戦略車「アコード」は、8代目となってどう変わったか?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る