ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

2003.08.28 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」と、小型SUV「テリオス」を一部改良し、2003年8月27日から販売する。

「テリオスキッド」の改良は、車種体系の見直しや内外装の変更などである。
新しいグレード体系は、廉価なNAモデル「L」、標準仕様の「カスタムL」、ABSなどを標準装備する「X」(4WDのみ)と、ターボエンジンを積むトップグレード「カスタムX」の4種類。従来の同グレードと較べて、2〜6.3万円値下げしたという。
外観は、カスタムLとカスタムXのリアスポイラー形状を変更。LとXは、新シート表皮を採用した。ボディーカラーに「ラベンダーメタリックオパール」と「ホワイト/シルバーメタリック」を追加し、全9色のカラーバリエーションとなったのも新しい。

「テリオス」は、内外装の変更が主。フロントメッキグリルとメッキフードモールを採用したほか、ルーフエンドスポイラーが“キッド”と同じ新形状になるなどした。

価格は、テリオスキッドが104.8万円から146.5万円。テリオスは、120.0万円から173.0万円まで。

(webCGオオサワ)

DAIHATSU @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • ホンダ、「N-WGN/N-WGNカスタム」に装備充実の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース 本田技研工業は2016年12月8日、軽乗用車「N-WGN」に特別仕様車「SSパッケージ」を、「N-WGNカスタム」に特別仕様車「SSパッケージ」と「SS 2トーンカラースタイルパッケージ」「ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」をそれぞれ設定した。
  • ホンダ・バモス、仕様変更で燃費向上 2015.3.19 自動車ニュース ホンダが「バモス」「バモスホビオ」の仕様・装備を変更。燃費性能もアップした。
  • 国内初のシーケンシャルMTを採用、「トヨタMR-S」 2000.8.8 自動車ニュース トヨタ自動車は、「MR-S」にシーケンシャルマニュアルトランスミッション車を設定、8月21日より発売する。新採用となるシーケンシャルMTとは、クラッチ操作なしに、シフトレバーあるいはステアリングホイールのシフトスイッチを操作することにより、連続的にシフトアップ、シフトダウンが可能な、電子制御式MTのこと。AT限定免許で運転できる。世界最大手のクラッチメーカー、独ルーク社から制御ユニットを調達。MR-Sの5段MTと組み合わせ、商品化した。国内乗用車で同種のトランスミッションを採用したのは初めて。また、変速制御ユニットを海外から調達することも、きわめて珍しいケースといえる。価格は、5MT車より7.5万円高で、195.5万円(MR-S)と205.5万円(同Sエディション)。徹底したコスト低減で実現した異例の低価格設定で、マイナーチェンジを果たした、マツダ・ロードスターを迎え撃つ。なお、特別仕様車「MR-S Vエディション」が、8月4日に発売された。専用ボディ色ダークグリーンマイカに、タンカラー(黄褐色)の幌/本革シート/本革ドアトリムを組み合わせたのが特徴。英国調の、ロードスターでいう「VS」モデルだ。さらに、アルミホイール、SUSスカッフプレートなども装備される。210.0万円/217.5万円。(web CG 有吉)トヨタ自動車「MR-S」サイト:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Mr-s/index.html
  • トヨタのロードスター「MR-S」に乗る 1999.10.21 自動車ニュース アオダンこと、NAVI編集部青木禎之記者による「MR-S」の試乗インプレッション。10月12日、トヨタのミドシップ2シーター、「MR-S」の販売が開始された。トヨタがその後継ではない、と主張する「MR2」とあえて比較すると、“走り”に振られた「MR2」より、極めてカジュアルで、ライトなスポーツカーとなった。峠好きにだけでなく、より一般的なクルマ好きに開け放たれたモデルなのである。2450mmというロングホイールベースにより、直進安定性を確保する一方、前後のオーバーハングを切りつめ、徹底した軽量化を施した結果、キビキビしたハンドリングを獲得したという。車重はベーシックモデルで、わずか960kg。しつこいが「MR2」より400kg以上も軽い!で、この「MR-S」に10月18日にハコネで試乗した。写真では平板に見える「MR-S」だが、実車は抑揚があって、ズッと魅力的。小柄で、ギョロ目が愛らしい。ただ、フェラーリ・ディーノもどき(失礼!)から、ポルシェ・ボクスターもどき(再び失礼!)になった、とのそしりはまぬがれまい。着座位置は低く、ハンドルが大きく、クラッチはのれんのように踏み応えがない。が、走り出すと、これがイイんだ! 軽快で、ハンドリングがよくて、限界が低くて(?)、ホント、手のうちに入っているよう。リアは簡単にスライドするが、さらに攻めてもフロントが外に逃げる設定なので、安心感が高い。ミドシップのピリピリした緊張感を望むむきには、ちょっと拍子抜けか。セリカの非力バージョンと同じ1.8リッター「1ZZ-FE」ユニットは、可変バルブタイミング機構を備え、必要充分な140PS/6400rpmの最高出力と、17.4kgm/4400rpmの最大トルクを発生するものの、際立った個性はない。ギアボックスは、当面、5段MTのみ。「MR-S」は、マツダ・ロードスターから“走り”に対する執念を抜いた(ように見える)クルマである。名実ともに軽い。168.0〜198.0万円と、価格もマツダ・ロードスターといい勝負。ミドシップという難しいレイアウトを万人向けに上手にセッティングしているから、(機械的には)そのまま乗るのが一番。エンジンのパワーアップにも、足まわりを固めることにも、インチアップにさえ興味がない人向きだ。気楽に乗りたい。(NAVI編集部アオキ) トヨタ自動車「MR-S」サイト:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Mr-s/index.html
ホームへ戻る