ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

2003.08.28 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」と、小型SUV「テリオス」を一部改良し、2003年8月27日から販売する。

「テリオスキッド」の改良は、車種体系の見直しや内外装の変更などである。
新しいグレード体系は、廉価なNAモデル「L」、標準仕様の「カスタムL」、ABSなどを標準装備する「X」(4WDのみ)と、ターボエンジンを積むトップグレード「カスタムX」の4種類。従来の同グレードと較べて、2〜6.3万円値下げしたという。
外観は、カスタムLとカスタムXのリアスポイラー形状を変更。LとXは、新シート表皮を採用した。ボディーカラーに「ラベンダーメタリックオパール」と「ホワイト/シルバーメタリック」を追加し、全9色のカラーバリエーションとなったのも新しい。

「テリオス」は、内外装の変更が主。フロントメッキグリルとメッキフードモールを採用したほか、ルーフエンドスポイラーが“キッド”と同じ新形状になるなどした。

価格は、テリオスキッドが104.8万円から146.5万円。テリオスは、120.0万円から173.0万円まで。

(webCGオオサワ)

DAIHATSU @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場 2002.1.18 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車のSUV「テリオスキッド」の派生モデル「テリオスルキア」を、2002年1月9日に発売した。同時に、テリオスキッドと乗用車「テリオス」の一部改良を行った。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る