ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

2003.08.28 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」と、小型SUV「テリオス」を一部改良し、2003年8月27日から販売する。

「テリオスキッド」の改良は、車種体系の見直しや内外装の変更などである。
新しいグレード体系は、廉価なNAモデル「L」、標準仕様の「カスタムL」、ABSなどを標準装備する「X」(4WDのみ)と、ターボエンジンを積むトップグレード「カスタムX」の4種類。従来の同グレードと較べて、2〜6.3万円値下げしたという。
外観は、カスタムLとカスタムXのリアスポイラー形状を変更。LとXは、新シート表皮を採用した。ボディーカラーに「ラベンダーメタリックオパール」と「ホワイト/シルバーメタリック」を追加し、全9色のカラーバリエーションとなったのも新しい。

「テリオス」は、内外装の変更が主。フロントメッキグリルとメッキフードモールを採用したほか、ルーフエンドスポイラーが“キッド”と同じ新形状になるなどした。

価格は、テリオスキッドが104.8万円から146.5万円。テリオスは、120.0万円から173.0万円まで。

(webCGオオサワ)

DAIHATSU @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良の画像
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場 2002.1.18 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車のSUV「テリオスキッド」の派生モデル「テリオスルキア」を、2002年1月9日に発売した。同時に、テリオスキッドと乗用車「テリオス」の一部改良を行った。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る