ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

2003.08.28 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良

ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」と、小型SUV「テリオス」を一部改良し、2003年8月27日から販売する。

「テリオスキッド」の改良は、車種体系の見直しや内外装の変更などである。
新しいグレード体系は、廉価なNAモデル「L」、標準仕様の「カスタムL」、ABSなどを標準装備する「X」(4WDのみ)と、ターボエンジンを積むトップグレード「カスタムX」の4種類。従来の同グレードと較べて、2〜6.3万円値下げしたという。
外観は、カスタムLとカスタムXのリアスポイラー形状を変更。LとXは、新シート表皮を採用した。ボディーカラーに「ラベンダーメタリックオパール」と「ホワイト/シルバーメタリック」を追加し、全9色のカラーバリエーションとなったのも新しい。

「テリオス」は、内外装の変更が主。フロントメッキグリルとメッキフードモールを採用したほか、ルーフエンドスポイラーが“キッド”と同じ新形状になるなどした。

価格は、テリオスキッドが104.8万円から146.5万円。テリオスは、120.0万円から173.0万円まで。

(webCGオオサワ)

DAIHATSU @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「テリオスキッド」&「テリオス」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る