VW「ポロ」の3BOX版やSUV風モデルを出展

2003.08.28 自動車ニュース

VW「ポロ」の3BOX版やSUV風モデルを出展

フォルクスワーゲンは、2003年9月9日から、独フランクフルトで開催される「フランクフルト国際モーターショー」で、コンパクトカー「ポロ」の追加車種などを出展する。


「ポロ サルーン」

VW、フランクフルトモーターショーの主役は「ゴルフV」だが、弟分「ポロ」の派生車種が出展される。写真が公開されたので、ここに紹介する。

「ポロ サルーン」は、「ゴルフ」に対する「ボーラ」、ホンダ「フィット」と「フィット アリア」の成り立ちに似たニューモデル。Bピラーから後ろはセダン専用で、VWは「非常にバランスのよいデザインになっている」と語る。ホイールベースは280mmも延長され、リアシートの居住性を向上。荷室容量は432リッターだという。
エンジンは、ガソリンとディーゼルが2種類ずつの4タイプ。本国では今秋にも発売が予定される。


「ポロ ファン」

「ポロ ファン」は、「活動的なライフスタイルを演出する」(プレスリリース)ニューモデル。ボディを一周するモールや、クローム仕上げのルーフレール、20mm高められた車高が“SUV風”だ。足元は、215/40ZR17サイズとスポーティなタイヤを履く。インテリアは、専用ファブリックスポーツシートなどを採用した。
エンジンは、直噴「FSI」を含む4種類のガソリン(55ps〜100ps)と、2種類のディーゼル(75psと100ps)と発表された。




VWはほかに、高級サルーン「フェートン」のホイールベースを120mm延長したストレッチ版や、新型ディーゼル搭載のポロ・ハッチバック、MPV「トゥーラン」などを展示する。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲンジャパン:http://www.volkswagen.co.jp/

フォルクスワーゲンAG:http://www.volkswagen.de/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。