ダイハツ「MAX」をマイナーチェンジ

2003.08.28 自動車ニュース

ダイハツ「MAX」をマイナーチェンジ

ダイハツ工業は、軽自動車「MAX」をフェイスリフトするなどマイナーチェンジを施し、2003年8月26日から販売を開始した。

「MAX」は2001年11月にデビューした、スポーティイメージのハイトワゴン。今回のマイナーチェンジは、内外装の変更が主である。

新しいMAXは、新意匠の前後バンパーやリアコンビネーションランプ、ボディ同色フロントグリルなどを採用。外観をリフレッシュした。4気筒ターボを積むトップグレード「RS」は、前後ロアスカート、フォグランプ、アルミホイールのデザインを変更。スポーティに演出したという。
インテリアは、従来のブルーシート表皮に加え、ベージュカラーを追加。ベーシックな「L」「Li」グレードの外販色とコーディネートし、若い女性を中心に拡販を狙う。デザインの変更はほかに、ホワイトメーターやツートーンインパネなどを採用したことが新しい。装備品が奢られる「Li」と3気筒ターボの「Ri」は、CD/MDステレオや、左右分割リクライニングリアシートを装着。利便性の向上を図った。

グレード体系は「Xi」と「RSリミテッド」が落とされ、従来の7グレードから4グレードに集約。ベーシックな「L」、上級装備の「Li」、3気筒ターボを積む「Ri」、4気筒ターボ搭載のトップグレード「RS」の構成となった。価格は以下の通り。

●2WD
・L(5MT):81.8万円
・L(4AT):89.8万円
・Li(4AT):103.0万円
・Ri(4AT):124.0万円
・RS(4AT):141.0万円
●4WD
・L(5MT):92.6万円
・L(4AT):100.6万円
・Li(4AT):113.8万円
・Ri(4AT):134.8万円
・RS(4AT):154.3万円

(webCGオオサワ)

DAIHATSU @ WEB:http://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ「MAX」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。