新型「Eクラス ステーションワゴン」導入

2003.08.27 自動車ニュース

新型「Eクラス ステーションワゴン」導入

ダイムラークライスラー日本は、2003年1月のデトロイトショーでデビューした、メルセデスベンツの新型「Eクラス ステーションワゴン」を、2003年8月26日から販売を開始した。Eクラスワゴンのフルモデルチェンジは約7年ぶり。

■ウリは機能と利便性

ワールドプレミアから約半年を経て、日本に導入される新型「Eクラス ステーションワゴン」(W211型)。日本におけるラインナップは、2.6リッターV6SOHC(177ps、24.5kgm)を積む「E240 ステーションワゴン」と、3.2リッターV6SOHC(224ps、32.1kgm)搭載の「E320 ステーションワゴン アバンギャルド」の2種類である。いずれも5AT、右ハンドルのみで、価格は640.0万円と745.0万円。E320には、AMGデザインのエアロパーツや、アクティブサスペンション「エアマチックDCサスペンション」が付与される「スポーツパッケージ」(110.0万円)も設定された。

約7年ぶりに登場した新型は、ワゴンの多彩なユーティリティーや機能装備がウリである。
新型は、ヘッドレストを外さなくてもダブルフォールディングできる後席分割可倒シートや、3分の2開いたところから任意の位置で止まるテールゲートを採用。利便性の向上を図った。ラゲッジスペースの機能性を高める装備は「EASY-PACK」と呼ばれ、フロア下の収納「EASY-PACKラゲッジルームトレイ」や、後席シートバック後方の収納ボックス「EASY-PACKシートバックコンテナ」などを標準装備する。

■ハイパフォーマンス版を追加予定

ボディサイズは、先代より10mm長く20mm広い、全長×全幅×全高=4850(4880)×1820×1495(1485)mm。ホイールベースは20mm延長され、2855mmとなった。車重は、E240セダンの1650kgに対し、ワゴンは1780kg。軽量、かつ高剛性な素材を多用し、重量増を抑えつつ強化したという。ブレーキは、「SL500」などに採用された電制ブレーキ「センソトロニック・ブレーキ・コントロール」。リアサスペンションには、本国でオプション設定のエアサスペンション(セルフレベリング機構付き)を装着し、走行安定性と快適性を両立したという。

日本仕様は、機能装備が充実。VICS対応DVDナビゲーションやオーディオ、メール、iモード機能などを統合した「マルチファンクションコントローラー」のほか、ガラススライディングルーフなどを標準装備する。

なお、同年11月に、4WD仕様の「E320 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド」を追加。さらに、5リッターV8搭載の「E500 ステーションワゴン アバンギャルド」と、AMGの手になる「E55 AMG ステーションワゴン」を追加する予定。セダンの「E500」、「E55」と同等なら、それぞれ306psと476psの“ハイパフォーマンスワゴン”が登場することになる。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ・オフィシャルサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
新型「Eクラス ステーションワゴン」導入の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る