アルファ「156」セダン/ワゴンがフェイスリフト

2003.08.27 自動車ニュース
 

アルファ「156」セダン/ワゴンがフェイスリフト

フィアットオートジャパンは、4ドアスポーツセダン「アルファ156」と、ステーションワゴン「アルファ156スポーツワゴン」をフェイスリフトし、2003年9月13日に発売する。迫力を増したマスクとなった一方で、スポーティドライブ好きはちょっと残念、マニュアル車がカタログから落ちた。



 

今回のフェイスリフトでは、セダン/ワゴンともフロントマスクが大きく変更された。アルファロメオのシンボルである「盾」をより縦長にし、ヘッドランプ部分も新デザインに。これはイタリア人デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロによるものという。その他、バンパー下のエアダクトやテールランプ形状も改められた。
フロントバンパー形状の変更を受け、全長はセダンで+5mm、ワゴンで+10mm延長。その他のサイズは従来と同じとなる。

エンジンは以前と同じく2リッター直噴エンジンと、2.5リッターV6エンジンの2種類。2リッター直噴エンジンでは圧縮比などの変更が行われ、わずかではあるが出力が向上した(165ps→166ps)。セダン/ワゴンともに、組み合わせられるトランスミッションは、2リッターに「セレスピード」(ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション)、2.5リッターには「Q-SYSTEM」(マニュアルモード付き4段電子制御式オートマチックトランスミッション)となる。新型ではマニュアルトランスミッション搭載モデルの日本導入は見送られた。
タイヤサイズは2.5リッターで拡大され、215/45R17サイズを履く。2リッターは変わらずに205/55R16サイズだが、ホイールデザインが一新された。

なおハイパフォーマンスモデルである「アルファ156GTA」はフェイスリフトを受けず、継続販売される。



 

ボディカラーは新色4色を含む全11色。組み合わされるシートカラーは、スエードのような感触の新素材「Alfatex」が2色、レザーシートも選択可能でこちらも2色が用意される。

価格は従来モデルから据え置かれた。詳細は以下の通り。

●「アルファ156」
2.0JTSセレスピード:386.0万円
2.5 V6 24V Qシステム:419.0万円
スポーツワゴン 2.0JTSセレスピード:396.0万円
スポーツワゴン 2.5 V6 24V Qシステム:429.0万円

(webCG 本諏訪)

「アルファロメオ」:
http://www.alfaromeo-jp.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
ホームへ戻る