アルファ「156」セダン/ワゴンがフェイスリフト

2003.08.27 自動車ニュース
 

アルファ「156」セダン/ワゴンがフェイスリフト

フィアットオートジャパンは、4ドアスポーツセダン「アルファ156」と、ステーションワゴン「アルファ156スポーツワゴン」をフェイスリフトし、2003年9月13日に発売する。迫力を増したマスクとなった一方で、スポーティドライブ好きはちょっと残念、マニュアル車がカタログから落ちた。



 

今回のフェイスリフトでは、セダン/ワゴンともフロントマスクが大きく変更された。アルファロメオのシンボルである「盾」をより縦長にし、ヘッドランプ部分も新デザインに。これはイタリア人デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロによるものという。その他、バンパー下のエアダクトやテールランプ形状も改められた。
フロントバンパー形状の変更を受け、全長はセダンで+5mm、ワゴンで+10mm延長。その他のサイズは従来と同じとなる。

エンジンは以前と同じく2リッター直噴エンジンと、2.5リッターV6エンジンの2種類。2リッター直噴エンジンでは圧縮比などの変更が行われ、わずかではあるが出力が向上した(165ps→166ps)。セダン/ワゴンともに、組み合わせられるトランスミッションは、2リッターに「セレスピード」(ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション)、2.5リッターには「Q-SYSTEM」(マニュアルモード付き4段電子制御式オートマチックトランスミッション)となる。新型ではマニュアルトランスミッション搭載モデルの日本導入は見送られた。
タイヤサイズは2.5リッターで拡大され、215/45R17サイズを履く。2リッターは変わらずに205/55R16サイズだが、ホイールデザインが一新された。

なおハイパフォーマンスモデルである「アルファ156GTA」はフェイスリフトを受けず、継続販売される。



 

ボディカラーは新色4色を含む全11色。組み合わされるシートカラーは、スエードのような感触の新素材「Alfatex」が2色、レザーシートも選択可能でこちらも2色が用意される。

価格は従来モデルから据え置かれた。詳細は以下の通り。

●「アルファ156」
2.0JTSセレスピード:386.0万円
2.5 V6 24V Qシステム:419.0万円
スポーツワゴン 2.0JTSセレスピード:396.0万円
スポーツワゴン 2.5 V6 24V Qシステム:429.0万円

(webCG 本諏訪)

「アルファロメオ」:
http://www.alfaromeo-jp.com/

関連キーワード:
アルファ156アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る