【スペック】(ベース車両の参考データ)3ドア12c(5MT):全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=105.0万円(テスト車は「NISMO」のコンプリートカー=159.0万円)

日産マーチ カップカー(5MT)【試乗記】

上達が早い? 2003.08.26 試乗記 日産マーチ カップカー(5MT)……159.0万円(参考)今年2003年から始まった「K12」こと3代目マーチによるワンメイクレース。第3戦までが終わった夏の日、筑波の「コース1000」で、カップカーのプレス向け試乗会が開かれた。『webCG』記者による報告。

データロガー標準装備

「MARCH CUP」と書かれたドアを開けると、アルミのフロアが目にまぶしい。2003年8月22日、茨城県筑波サーキットで、マーチのワンメイク用レース車両のプレス向け試乗会が開催された。ようやく夏らしい日差しを取り戻した青空の下、3レイヤーのレーシングスーツがうらめしい。運転する前から、すでに汗だく。
バケットシートにはまりこみ、4点式シートベルトで縛られる。イグニッションキーを回してエンジンをかけ、バックビューミラーを直す。サイドミラーとサイドウィンドウには、電動調整機能が残っている。
目の前、メーターナセルのなかには四角いデジタルメーター、というか、データロガー用の「マルチファンクションディスプレイ」が備わる。エントリークラスのレース車両ながら、マーチ カップカーには、「車速」「エンジン回転数」「加速G」「旋回G」「ブレーキ圧力」「スロットル開度」などの走行データを収集する装置が標準で装備される。ドライバーのスキルアップと、セッティングの判断材料を得るために。本格的だ!

スロットルペダルを軽く踏んでブリッピングすると、1.2リッター直4が軽く応える。丁寧に組まれたレース用エンジンならではの、風に吹かれる髪の毛のようなレスポンスのよさ。デジタルメーターのなかで、エンジン回転数を表す右肩上がりのグラフが駆け上がる。
これまた軽いステアリングを切って、ハンドリングコースたる「コース1000」へ向かう。マーチ カップカー、見た目はカワイイが、レース用マフラーに変更されているため、排気音が勇ましい。

「データログを収集している」の図。
写真をクリックするとインパネのアップが見られます。

「データログを収集している」の図。写真をクリックするとインパネのアップが見られます。
東日本シリーズは、「富士スピードウェイ」「ツインリンクもてぎ」「筑波サーキット」が使われる。西日本は、「TIサーキット」と「MINEサーキット」が舞台となる。エントリーフィーは3万6750円(チャンピオンカップのみ4万2000円)。各戦、1から6位の入賞者には、5から15万円の副賞がつく。シリーズランキングは、12から35万円。今年にかぎり、シリーズチャンピオンには「日産フェアレディZ」が贈られる。

東日本シリーズは、「富士スピードウェイ」「ツインリンクもてぎ」「筑波サーキット」が使われる。西日本は、「TIサーキット」と「MINEサーキット」が舞台となる。エントリーフィーは3万6750円(チャンピオンカップのみ4万2000円)。各戦、1から6位の入賞者には、5から15万円の副賞がつく。シリーズランキングは、12から35万円。今年にかぎり、シリーズチャンピオンには「日産フェアレディZ」が贈られる。


日産マーチ カップカー(5MT)【試乗記】の画像

マーチカップへの参加

マーチによるワンメイクレースは1984年にはじまった。同一車名を冠したシリーズとして、現存レースのなかでもっとも長いものだろう。市販されるマーチの代替わりにともなってレースカーのベース車両も移り変わり、今年2003年から3代目たる現行「K12」型に切り替わった。「東日本」と「西日本」の2シリーズが設定され、いずれも年5戦が開催される。さらに、東西を合わせた「チャンピオンカップ」も、最終戦として用意される。
ナンバー付き車両によるレースが話題になるなか、マーチカップは従来通り競技専用車を使用。もちろん、より本格的なレースを楽しめるのがウリで、さらにデーターロガー標準搭載で、名実ともに差別化を図る。本年度のマーチカップは、これまでレースごとに平均31台がグリッドに並んだというから、まずまず順調なスタートを切ったわけだ。

シリーズ開始に先立って「NISMO」から販売されたコンプリートカー(完成されたレースカー)は、159.0万円。これからクルマをつくろうというヒトは、新車もしくは中古で手に入れたマーチに、レース用パーツを組み込んでいくことになる(部品・工賃込みで約95万円)。
具体的には、競技用の「サスペンション」「マフラー」「強化クラッチ」「LSD」「バケットシート」「アルミホイール」、そして「消火器」「牽引フック」「サーキットブレーカー」などの安全装備である。自分でキットを購入して市販車から改造するほか、「MARCH Cup ASSOCIATION」に相談すれば、制作を依頼できるガレージを紹介してもらうことも可能だ。

また、参加者のスキルアップの一助に、マーチ カップカーを教習車にした「ニッサン・レーシングスクール」が、年6回もたれる。「サーキット初心者」と、レース経験者の「エクスパート」にわけられ、NISMO契約ドライバーほかプロフェッショナルドライバーによるレッスンを受けられる。参加費は、1万3650円から。

カップカーのリアサスペンションは、トーションビームの形式こそ同じだが、セッティングを容易にするため、スプリングとダンパーが別体から一体型に変更された。なお、マーチカップカーには、NISMO製ほか、MCA公認パーツを使用することができる。

柳田真孝選手。1996年に、レーシングカートでモータースポーツを始める。「フランス・フォーミュラ・キャンパス」「同フォーミュラ・ルノー」「フォーミュラ・ドリーム」を経て、2001年から全日本GT選手権に出場。昨年は「シルビア」を駆って最終戦までシリーズチャンピオンを争い、今年は「フェアレディZ(ハセミスポーツ・エンドレス・Z)」に乗る。第2戦2位、第4戦3位。

微妙なところに

「乗りやすいクルマですね。ことレース車両というと、“(足まわりが)ガチガチ”“(エンジンが)ピーキー”“(すぐに)スピン”というイメージをもつヒトもいますが、マーチ カップカーはそんなことがない。初心者の方でも上達が早いんじゃないでしょうか」と話してくれたのは、この日、講師(?)として参加していた柳田真孝選手。現在、全日本GT選手権に、「日産フェアレディZ」(GT300)で出場している。
実際、絶対的な速度が高くならないハンドリングコースで、手軽なパワーのマーチを走らせるのは、抜群に楽しい。軽いボディはスロットルのオン、オフに素直に応じ、一方で、強力なフロントLSDの恩恵で、タイトコーナーでもアクセルを入れるとグイグイ曲がっていく。2、3周もするとヘルメットから汗がしたたったが、気にならない。バックスキンのステアリングホイールを握ってカーブの出口を睨み、ときにカップカーとステップを踏む。エクサイティング! ……でも、こういう運転だと、いいタイムは望めないんだよね。

「本当に攻め込んでいくと、アンダー(ステア)が強い傾向があります」と、柳田選手は、マーチ カップカーのハンドリングについて教えてくれた。「でも、限界を狙わないと速く走れない。その微妙なところに」オモシロサがあるという。いうまでもなく、脳天気にダンスを踊っているだけじゃあ、しょうがない。

試乗終了後、自分の“走り”のデータログが渡された。
「あのときの第1コーナーと、ヘアピンの入りかた、それから○週目の最終コーナーを合わせれば、ずっといいタイムになったはず……」なんて思っちゃうところが、素人の浅はかさ。でも、ついつい欲が出るのが、また、モータースポーツの醍醐味でもあります。

(文=webCGアオキ/写真=高橋信宏/2003年8月)

「マーチカップアソシエーション」:
Tel.03-3767-1553
eメール:marchcup@nismo.co.jp

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る