「スマート」がマイナーチェンジ、同時に「BRABUS」追加

2003.08.26 自動車ニュース

「スマート」マイナーチェンジ、同時に「BRABUS」追加

ダイムラークライスラー日本は、「スマートクーペ」「スマートK」「スマートカブリオ」をマイナーチェンジし、2003年8月25日から発売を開始した。同時に、ドイツのチューナー「BRABUS」がチューンした、「スマートクーペBRABUS」「スマートカブリオBRABUS」をラインナップに追加した。

■安全装備と排気量アップ

今回のマイナーチェンジで、「スマートクーペ」「スマートK」「スマートカブリオ」に、ESPR(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)とBASR(ブレーキアシスト)が標準装備された。ESPRは、滑りやすい路面や危険回避時の車両安定性を高める電子デバイス。BASRは、緊急制動時にすばやく最大制動力を発揮させるというもの。これら安全装備の充実に加え、坂道発進で後ろに下がらないよう補助する「ヒルスタートアシスト」も全車に備わった。

「スマートクーペ」と「スマートカブリオ」は、エンジン排気量が従来の598ccから698ccに拡大されたこともニュース。61psの最高出力は変わらないが、最大トルクが9.7kgm/2000-4000rpm(従来は9.0kgm/2500-4000rpm)に高められた。軽自動車規格「スマートK」のエンジンに変更はない。

■BRABUSチューンのスマート

同時に、ハイパフォーマンス版「スマートクーペBRABUS」と、「スマートカブリオBRABUS」がラインナップに追加された。いずれも、BRABUS社とスマート社の合弁会社「スマートBRABUS社」により、チューニングが施されたモデルである。

ベース車と同排気量ながら、最高出力が6ps高い75ps/5250rpmにパワーアップ。エクステリアは、フロントスポイラー、サイドスカートなどを含む「BRABUSスタイリングパッケージ」や、16インチアルミホイール&タイヤ、スポーツエグゾーストシステムなどでドレスアップされる。インテリアは、本革を使った高級仕様。ステアリングにはパドルシフトが備わり、手元でギアチェンジが可能となった。

価格は以下の通り。

●スマート(カッコ内は前モデル比)
クーペ:143.0万円(+6.0万円)
K:133.0万円(+2.0万円)
カブリオ:176.0万円(+6.0万円)
クーペBRABUS:217.0万円
カブリオBRABUS:250.0万円

(webCG 本諏訪)

スマート:
http://www.smart-j.com/

 
「スマート」がマイナーチェンジ、同時に「BRABUS」追加の画像

(左)スマートクーペBRABUS、(右)スマートカブリオBRABUS
 

	(左)スマートクーペBRABUS、(右)スマートカブリオBRABUS
	 

関連キーワード:
フォーツーフォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • フォルクスワーゲンup! GTI:「ルポGTI」の再来に期待 2017.10.26 自動車ニュース
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記