「MINI」、新ボディカラーなどを追加設定

2003.08.25 自動車ニュース
 

「MINI」、新ボディカラーなどを追加設定

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」に、新しいボディカラーやオプションを設定し、2003年8月22日から販売を開始した。



 

新たに追加されたボディ色は「ソリッドゴールドメタリック」(TOP写真)。「ONE」と「COOPER」の両グレードに設定される。従来ラインナップされていた「ベルベットレッドメタリック」は廃止され、「COOPER S」の専用色2色を含め、全11色のラインナップとなった。

さらに、オプション装備が追加されたこともニュース。CVT仕様は、ステアリングホイール水平スポーク上にシフトパドルが配される、「ステップトロニックスイッチ」(1.0万円)が設定された。素早いシフトチェンジができ、MINIらしいきびきびした走りが楽しめるという。
ほかに、熱線入りフロントウインドシールド、レインセンサー、自動防眩ルームミラーをセットにした「ビジビリティパッケージ」(3.5万円)や、Harman/Kardon製HiFiオーディオシステム(7.0万円)など、機能装備の充実化が図られた。
その他、新たに設定されたオプション装備は以下の通り。

・クロムラインエクステリア
・クロムミラーキャップ
・防眩ストライプ
・レインセンサー
・レザーステアリングホイール(ONE、COOPERのみ)
・バンパーインサートブラック(ONE、COOPERのみ)

(webCG 本諏訪)

「MINI」:
http://www.mini.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る