IRL第13戦ナザレス、カストロネベスが今季2勝目

2003.08.25 自動車ニュース

IRL第13戦ナザレス、カストロネベスが今季2勝目

IRLインディカーシリーズ第13戦決勝が、2003年8月24日、米ペンシルバニア州のナザレス・スピードウェイ(1マイルオーヴァル/約1.6km)を225周して行われた。おむすび型のショートオーヴァルで、チーム・ペンスキーのエリオ・カストロネベスが今シーズン2勝目を飾り、ドライバーズランキング1位の座に上りつめた。トヨタエンジンにとっては13戦して10勝目となる。
僅差の2位は、復調著しいシボレーエンジンに鞭打ったサム・ホーニッシュJr.。3位にはホンダエンジンユーザーのブライアン・ハータが入った。

名門ペンスキーのもうひとり、ジル・ド・フェランは4位でフィニッシュし、結果、ドライバーズランキングでペンスキー1-2体制(カストロネベス429点、ド・フェラン404点)が築かれた。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーでトップを守るロジャー安川は8位でゴールし、総合ランキングでは12位から11位へあがった。
第11戦でシャシーをGフォースからダッラーラに替えた高木虎之介は、最終プラクティスで急遽Gフォースへスイッチしたが、レース途中で電気系トラブルに見舞われリタイアした。

シーズン残りは3戦、次戦決勝は、9月7日。舞台は1.5マイルオーヴァルのシカゴランド・スピードウェイだ。

(webCG 有吉)

IRL第13戦ナザレス、カストロネベスが今季2勝目の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。