モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

2003.08.22 自動車ニュース
 

モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

トヨタのカスタマイズ系子会社、トヨタモデリスタインターナショナルは、「ヴィッツ」ベースのターボモデル「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」用のオプションパーツを追加。2003年8月20日から販売を開始した。

 

今回発売されたのは、ホイールやシートなど。
タイヤ&アルミホイールセットは、純正の15インチからサイズアップした16インチ。195/45R16サイズのタイヤと、エンケイ製RPF1ホイールが組み合わされ、価格は19.5万円。

スポーツシートは、2種類が追加された。いずれもTRD製で、カラーはレッド/グレーとブラック/グレーのコンビネーションとなる。価格は、レッド/グレーが10.8万円、ブラック/グレーが9.8万円(いずれもシートレールが付属)。

「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」は、トヨタモデリスタインターナショナルのモータースポーツ部門「TRD」(トヨタレーシングディベロップメント)と共同開発した車両。「ヴィッツRS 1.5L」をベースに、専用ターボチャージャーを搭載し150psと20.0kgmのパフォーマンスを発揮する。価格は3ドアが179.8万円、5ドアが185.0万円。

(webCG 本諏訪)

 

トヨタモデリスタインターナショナル:
http://modellista.mediagalaxy.ne.jp/
同「ヴィッツ RS“TURBO”Powered by TRD」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/customize/vitz/sportscustom/

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • 「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から 2017.9.19 画像・写真 2017年9月19日に、トヨタが新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。東京・江東区青海のMEGA WEBで行われた発表会の様子や、展示車両の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る