モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

2003.08.22 自動車ニュース
 

モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

トヨタのカスタマイズ系子会社、トヨタモデリスタインターナショナルは、「ヴィッツ」ベースのターボモデル「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」用のオプションパーツを追加。2003年8月20日から販売を開始した。

 

今回発売されたのは、ホイールやシートなど。
タイヤ&アルミホイールセットは、純正の15インチからサイズアップした16インチ。195/45R16サイズのタイヤと、エンケイ製RPF1ホイールが組み合わされ、価格は19.5万円。

スポーツシートは、2種類が追加された。いずれもTRD製で、カラーはレッド/グレーとブラック/グレーのコンビネーションとなる。価格は、レッド/グレーが10.8万円、ブラック/グレーが9.8万円(いずれもシートレールが付属)。

「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」は、トヨタモデリスタインターナショナルのモータースポーツ部門「TRD」(トヨタレーシングディベロップメント)と共同開発した車両。「ヴィッツRS 1.5L」をベースに、専用ターボチャージャーを搭載し150psと20.0kgmのパフォーマンスを発揮する。価格は3ドアが179.8万円、5ドアが185.0万円。

(webCG 本諏訪)

 

トヨタモデリスタインターナショナル:
http://modellista.mediagalaxy.ne.jp/
同「ヴィッツ RS“TURBO”Powered by TRD」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/customize/vitz/sportscustom/

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • 「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から 2017.9.19 画像・写真