モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

2003.08.22 自動車ニュース
 

モデリスタ「ヴィッツRSターボ」用パーツを発売

トヨタのカスタマイズ系子会社、トヨタモデリスタインターナショナルは、「ヴィッツ」ベースのターボモデル「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」用のオプションパーツを追加。2003年8月20日から販売を開始した。

 

今回発売されたのは、ホイールやシートなど。
タイヤ&アルミホイールセットは、純正の15インチからサイズアップした16インチ。195/45R16サイズのタイヤと、エンケイ製RPF1ホイールが組み合わされ、価格は19.5万円。

スポーツシートは、2種類が追加された。いずれもTRD製で、カラーはレッド/グレーとブラック/グレーのコンビネーションとなる。価格は、レッド/グレーが10.8万円、ブラック/グレーが9.8万円(いずれもシートレールが付属)。

「ヴィッツRS“TURBO”Powered by TRD」は、トヨタモデリスタインターナショナルのモータースポーツ部門「TRD」(トヨタレーシングディベロップメント)と共同開発した車両。「ヴィッツRS 1.5L」をベースに、専用ターボチャージャーを搭載し150psと20.0kgmのパフォーマンスを発揮する。価格は3ドアが179.8万円、5ドアが185.0万円。

(webCG 本諏訪)

 

トヨタモデリスタインターナショナル:
http://modellista.mediagalaxy.ne.jp/
同「ヴィッツ RS“TURBO”Powered by TRD」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/customize/vitz/sportscustom/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る