ラルフ・シューマッハー、ペナルティは罰金に

2003.08.21 自動車ニュース

ラルフ・シューマッハー、ペナルティは罰金に

2003年8月3日のF1世界選手権第12戦ドイツGPでクラッシュの原因をつくったとしてペナルティが課されていた、ウィリアムズBMWのラルフ・シューマッハーの控訴の結果が、8月20日に発表された。次戦ハンガリーGPで「予選順位を10位降格する」裁定は、「5万ドルの罰金」に替わった。

国際自動車連盟(FIA)の国際控訴裁判所が19日にパリで開廷し、シューマッハー/ウィリアムズのペナルティ不服に対する審議を行った。結果、シューマッハーがクラッシュのきっかけをつくったことを認めつつ、ドイツGPスチュワードの下した「予選順位10位降格」は不適当なものだったとし、替わりに5万ドル(約600万円)の罰金刑を言い渡した。

さらに、クラッシュに巻き込まれたルーベンス・バリケロ(フェラーリ)、キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)の責任についてもう一度検証するよう、スチュワードに指示した。

(webCG 有吉)

【webCG関連記事】
F1ドイツGP、モントーヤ圧勝
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013682.html
F1、ラルフ・シューマッハーにペナルティ
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013688.html

ラルフ・シューマッハー、ペナルティは罰金にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。