ルノーF1、2004年もトゥルーリ/アロンソで

2003.08.21 自動車ニュース

ルノーF1、2004年もトゥルーリ/アロンソで

ルノーF1チームは、2003年8月20日、来シーズンもヤルノ・トゥルーリとフェルナンド・アロンソのペアがステアリングを握ることを発表した。

チャンピオンのミハエル・シューマッハーを追いまわすほど勢いのある若きスペイン人アロンソと、一発の速さには定評のあるトゥルーリ。ルノーのマネージングディレクター、フラヴィオ・ブリアトーレが抱える“秘蔵っ子”2人が、2004年もペアを組むことになった。

今シーズン第12戦ドイツGPまでの戦績は、アロンソが地元スペインで獲得した2位が最高位で、アロンソは44点でドライバーズランキング6位、トゥルーリは22点で同8位だ。コンストラクターズランキングでは、フェラーリ(120点)、ウィリアムズ(118点)、マクラーレン(103点)に次ぐ4位66点で、“3強”を追いかける位置にいる。

ルノーF1チームのパトリック・フォール会長は、「チームの雰囲気はよく、ふたりのドライバーの関係も素晴らしく、そして技術チームも彼らとうまくやっている」と現体制を評価。「安定した状況は成功するための条件のひとつであり、ドライバーラインナップ継続は、最高の競争力を築くためのカギである」とコメントした。

(webCG 有吉)

ルノーF1、2004年もトゥルーリ/アロンソでの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。