第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」

2003.08.21 エッセイ

第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」

〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-20-4
電話 03-5790-5330/FAX 03-5454-4670
営業時間/9:00〜19:00 ※定休日/月曜日
第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」
これが目玉! アヴァンタイム。色はノクターン・メタリック。生産中止になったけど、当然正規ディーラーがあるんでメンテはばっちり。ゲテモノ好きには最適!?
第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」
そろそろ新型に切り替わるというカングーは、まだ旧型があった。実はコイツが一番売れてるみたい。
第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」

■SLKが買えるのに!

通勤時にいつも見かける「ルノー渋谷」に、わが愛車「トゥインゴ」を修理に出してきました。ハンドルのセンターがズレてたんで。前々から気になってたんだけど、路肩にでもぶつけてアライメントかなんか狂ってるのかと思ってたんだよね。たいしたことなかったけど。

そしたら意外なことを発見! 実はこちら、ななんとあの「アヴァンタイム」が日本一売れてる店! なんだそーな。感触としてだけど。
例の前代未聞の“巨大クーペ”だけど、月に1.5〜2台のペースで売れてるそうな。驚き。500.0万円もするんだよ。同じ値段でメルセデスベンツ「CLK240」だって買える……いやムリか。590.0万円だ。……じゃなくって「SLK230コンプレッサー」なら買える。480.0万円。

今のところ、ルノーの正規ディーラーが多くないって事情もあるんだろう。渋谷っていったって高級住宅地、松涛に近い場所だからね。注文は、特に本国で生産中止が決まってから問い合わせが増えたそうで、タレントの“Y近藤”さんとか“A君島”さんも直々に見に来たらしい。

ミドに3リッターV6を積む「ルーテシア・ルノースポールV」
第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」
店長の中村さん。優しそうなお方でした。
第60回:日本一アヴァンタイムが売れる店!そこでわかった「ルノーは今やシトロエンの代わり?」

■ラグナを買う人は……

ついでに情報教えとくと、現在、アヴァンタイムの日本在庫は100台ちょっとしかない。人気色はブルーと写真に乗っけたノクターン(紫)。在庫的にはグリーンが少ないんで、欲しい人はお早めに。とはいえ、「色を選ばなければ、年内は大丈夫でしょう」って店長さんはいってた。

後ね。発見だったのは、今のルノーユーザーって「シトロエン」に乗ってた人が多いんだって。全般的な傾向で、特に「ラグナ」を買う人に多いらしい。
どうやら昔、シトロエンにあったデザインの面白さとか、発想の奇抜さを今のルノーに感じてるみたい。「ゲテモノぶり」っつうか。
わかる気もするよね。アヴァンタイムや「ヴェルサティス」ってハチャメチャだし、それに較べて今のシトロエンって結構フツー。今後は「メガーヌII」とかも出るし、この傾向はますます続くかも? って思ってしまいました。
日本のクルマシーンって、こうやってだんだん変わっていくのかもね。

(文=小沢コージ/2003年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』