VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売

2003.08.20 自動車ニュース

VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売

フォルクスワーゲングループジャパンは、フォルクスワーゲン車が日本に正規輸入されてから50年になることを記念し、主力モデル「ゴルフ」に新グレード「L」「L Plus」を追加設定、2003年8月23日に発売する。ローマ数字で「50」をあらわすLにちなんだネーミングという。

1.6リッターエンジンを積むエントリーグレード「E」をベースとした「ゴルフL」は、リモコンドアロックや15インチアルミホイール、前席シートヒーターなどで特別感を出しつつ、価格をベース車と同じ219.0万円とした、お買い得感あるモデルだ。

一方の「ゴルフL Plus」は、2リッターユニット搭載「GLi」をベースとした上級仕様。ガスディスチャージヘッドランプやクルーズコントロール、革巻き4本スポークマルチファンクションステアリングホイールなどが備わる。こちらはベース車の5.0万円安、265.0万円。プラス15.0万円で、通常は23.5万円の純正DVDナビゲーションシステム「マルチメディアステーション(MMS)」が手に入れられる。

フォルクスワーゲンは、1953年にわが国への正規輸入を開始した。日本初のVW車は、108台の「ビートル」だったという。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売の画像

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る