VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売

2003.08.20 自動車ニュース

VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売

フォルクスワーゲングループジャパンは、フォルクスワーゲン車が日本に正規輸入されてから50年になることを記念し、主力モデル「ゴルフ」に新グレード「L」「L Plus」を追加設定、2003年8月23日に発売する。ローマ数字で「50」をあらわすLにちなんだネーミングという。

1.6リッターエンジンを積むエントリーグレード「E」をベースとした「ゴルフL」は、リモコンドアロックや15インチアルミホイール、前席シートヒーターなどで特別感を出しつつ、価格をベース車と同じ219.0万円とした、お買い得感あるモデルだ。

一方の「ゴルフL Plus」は、2リッターユニット搭載「GLi」をベースとした上級仕様。ガスディスチャージヘッドランプやクルーズコントロール、革巻き4本スポークマルチファンクションステアリングホイールなどが備わる。こちらはベース車の5.0万円安、265.0万円。プラス15.0万円で、通常は23.5万円の純正DVDナビゲーションシステム「マルチメディアステーション(MMS)」が手に入れられる。

フォルクスワーゲンは、1953年にわが国への正規輸入を開始した。日本初のVW車は、108台の「ビートル」だったという。

(webCG 有吉)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW正規輸入開始50周年記念「ゴルフ」発売の画像

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記