IRLチャンピオンのホーニッシュ、チームを離脱

2003.08.20 自動車ニュース

IRLチャンピオンのホーニッシュ、チームを離脱

2001、2002年のIRLチャンピオン、サム・ホーニッシュJr.と、所属するパンサー・レーシングは、今シーズン限りで両者の契約を終了すると、2003年8月18日に発表した。

24歳のアメリカ人、ホーニッシュJr.は、2001年にパンサー・レーシングに参加し、01年、02年とIRL初のタイトル2連覇を達成した。また2002年には年間最多勝(5回)を記録。通算勝利数でもシリーズ最多9勝をマークする、IRLを代表するトップドライバーである。
一方のパンサー・レーシングは、チーム・ペンスキーやAGR(アンドレッティ・グリーン・レーシング)などライバルCARTシリーズからの移籍組を除いた“ピュアIRLチーム”の代表格。両者の契約解除は、IRL界に大きな衝撃を与えた。

パンサー・レーシングによると、ホーニッシュの今後の行き先は、8月末までに発表されるという。マイケル・アンドレッティ率いるAGRへの移籍か、アメリカで人気ナンバーワンのモータースポーツ、NASCARへの転向がウワサされる。
パンサー・レーシングは、ホーニッシュの後任を選定中。一説では、サポートカテゴリー、インフィニティ・プロシリーズのポイントリーダー、マーク・テイラーが有力視されている。

(webCG 有吉)

IRLチャンピオンのホーニッシュ、チームを離脱の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。