スバル「レガシィ」3リッターモデルなどをフランクフルトに出展

2003.08.19 自動車ニュース
 

スバル「レガシィ」3リッターモデルなどをフランクフルトに出展

富士重工業は、2003年9月に独フランクフルトで開催される「第60回フランクフルト国際モーターショー」に展示予定のモデルを、2003年8月8日に発表した。


「レガシィ3.0R」(上)と「アウトバック3.0R」
 

フランクフルトショーにおけるスバルの目玉は、3リッター水平対向6気筒を積む欧州市場向け「レガシィ3.0R」のセダンとツーリングワゴンだ。新しい6気筒は従来型比で出力が25ps高くなり、245ps/6600rpmを発生。ジマンの4WDシステム「Symmetrical AWD」と、マニュアルモードを備えた新型5段ATを組み合わせる。日本でのリリースもウワサされる。

これに加え、レガシィツーリングワゴンをSUV風に仕立てたシャコ高バージョン、スバルいうところのクロスオーバービークルである「アウトバック」(日本名ランカスター)の3リッター仕様「3.0R」と、その2.5リッター水平対向4気筒SOHC(165ps/5600rpm)搭載モデル「2.5i」も展示するという。仕様はいずれも欧州仕様だ。

ほかに、「G3Xジャスティ」と呼ばれる新型車や、2003年のジュネーブショーに展示されたコンセプトモデル「B11S」などがお披露目される予定だ。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る